あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:ジャンル > クロスSS

編集
1: lumberjack 2015/03/12(木) 22:28:14.13 ID:NeazBH8U0
アイドルマスター×東宝怪獣です。でも、大映怪獣も出ます



2: lumberjack 2015/03/12(木) 22:29:21.88 ID:NeazBH8U0
P「本当ですか小鳥さん!!」

小鳥「ほ、本当です!私も信じられないですけど……」

P,「小鳥さん、アイドル達に変な薬飲ませたわけじゃないですよね?」

小鳥「し、失礼な! そんな事するわけないでしょ!」

P「……まぁ良いです。とりあえずみんなの様子を見に行きましょう」

小鳥「そうですね……突然の事なので、みんなも動揺してるでしょうし……」

P「下手に暴れて街を壊されちゃあ、堪ったもんじゃないですからね」

続きを読む

編集
1: Swing ◆VHvaOH2b6w 2015/02/25(水) 12:17:40.45 ID:ubsnn6FT0
折木奉太郎「……は?」

える「アイドルのプロデューサーを、Pと呼ぶのが今の流行なんだそうです」

奉太郎「さっぱりわからん。つまりお前は、学校をやめてそのプロデューサーとやらになるのか?」

伊原摩耶花「馬鹿ね。そんなわけないでしょ! あんた、ほんとに知らないの?」

奉太郎「……里志。説明してくれ」

福部里志「はいはい。こういうのは僕の仕事だね。最近はアイドルのファンをプロデューサーと位置づけて、Pと呼んでるんだ。そしていいかいホータロー、今この神山市には映画の撮影ロケでアイドルが沢山来てるんだ」

奉太郎「ああ。それなら聞いたな。もっとも俺には、縁の無い話だが」

里志「ふふん。それはどうかなあ」

奉太郎「……なんだ?」

続きを読む

編集
P「ああ。なにせこの戦時下、国防を担う鎮守府は大事だ、ということで、国からうちの事務所に直接依頼があったんだ」

真美「ちんじゅふ・・・?なんかものものしいね。そんなとこに真美達が行ってダイジョブなの?」

続きを読む

編集
続きを読む

編集
1: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2015/01/23(金) 19:01:06.86 ID:4r4kfZVB0
甘ブリ×アイマスのクロスですが、甘ブリ要素皆無です。すいません

前回
春香「天海ブリリアントパーク!」

続きになります。

3: 5409PRO ◆9G12fmecqU 2015/01/23(金) 19:45:20.03 ID:4r4kfZVB0
この国、日本。 

数あるテーマパークの中で閉園の危機に迫られている所がある。 

その名は、天海ブリリアントパーク。 

客足の悪さにより、続く閑散とした日々.......... 

原因は多々あるが中でも 

そう、アトラクションが少ない........... 

この先、天海ブリリアントパークはどうなるのだろうか................

続きを読む

編集
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/02(月) 18:09:18 ID:UOWvHgso
陣内「いやーほんま苦労したわー」

陣内「どこも売り切れてて、結局オークションで手に入れるのに5万くらいしたからなー」

陣内「さーて開けよ」

ビリッ

ゴソゴソ

陣内「おぉ…意外としょぼいな」

陣内「そこらに売っとる目覚ましみたいや」

陣内「ま、ええわ。春香ちゃんの声が出るかどうかやからな、ちょっと試してみよ」

陣内「時計の針合わせて…ほい、カチッ」

春香『ほーらっ、朝になったよ! 起きよう?』

春香『ほらほら、学校、遅刻しちゃうよ? もう、早く起きてよ~!』

陣内「グフフフ…おうっふ…」

陣内「ええやん…メッチャええな! これ」

続きを読む

編集
「みなさん、夢ってありますか?私もあります!私の夢は…」


暑い日差しが差し込む真夏、事務所の周りにアイドル達がいた。ただ、いつもの様子ではない。荒れ狂い、荒廃した大都会の真ん中で各々が好き勝手なことをして遊んでいた。ある者は動物と駆け回り、ある者は音楽を楽しみながら日光浴をしている。昼寝をしている者…はいつもの通りか。たるき亭の前には大きな湖、というよりは大規模な水たまりが広がっており、そこで水瀬の倉庫からとってきた水上バイクを楽しむ者もいた。そんな様子を呆け顏で眺めているのは765プロのプロデューサーであった。真横を素通りする戦車のキャタピラ音にも動じない。カァ、カァ・・・と一羽の鳥が鳴いた時、事務所から持って来た壁掛け時計が鈍い音をならした。いつの時間かもわからない時を知らせる重いチャイム。何度も繰り返し、繰り返し聞いたあの音。空気を振動させる単調な音が廃墟に響き渡った。

続きを読む
アクセスランキング