あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 天海春香

編集
2:1[saga] 投稿日:2013/10/31(木) 12:40:34.21 ID:hJLTnx1l0


P「は?」


春香「いや、見せますよ?」

P「え、いや、は???」

春香「プロデューサーが望むのであれば見せるって言ってるんです」

P「わた春香さん何言ってんの???」

春香「んもー、解んないですねー」

P「いやいやいや、だっておかしいだろ? 見せますよ? じゃねぇよ」

春香「だから見せるって言ってるんですよ」ガシッ

P「おいおいおいおい当たり前のようにスカート掴むな!!!」

春香「え? だって見たいんですよね?」パッ

P「いや言ったけどさ!!」
続きを読む

編集


春香「おつかれさまでしたー」

オツカレチャーン!

P「春香! 今日の収録、なかなかよかったぞ!」

春香「プロデューサーさん! えへへ、今日は転びませんでしたよ!」

P「そうだな! 番組Dさんはちょっと残念そうな顔してたけどな」

春香「あはは」

P「まったく、春香はかわいいな」

春香「へっ!?」
続きを読む

編集
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/09(火) 12:55:20.12 ID:0XCoYvHT0

雪歩「おーい! 春香ちゃん、遅くなっちゃってごめんね」 

春香「あ、ううん。オフなのに、呼び出したりしてゴメンね」 

雪歩「大丈夫だよ。私もちょっと買い物したかったから、ちょうど良かったよ」 

春香「ホント? 良かった……あれ? あれって……」 

雪歩「え? あれ、貴音さんだ。それと……ええっ!?」 

春香「あれってやっぱり、ジュピターの伊集院北斗さんだよね」 

雪歩「うん。どうして貴音さんと、ジュピターの人が?」 

春香「と、とりあえず、様子をみてみようよ」 

雪歩「そうだね」 


続きを読む

編集
1 :Swing ◆VHvaOH2b6w:2012/07/22(日) 12:21:38.56 ID:Y6KsW03K0

    ♪ ヒュ~リラルラ~♪

    ザッザッザッザッザッ

    ギー

    バタン


    春香「わ、私をこんな所に連れ込んで……いったいどうするつもりなの!?」

    冬馬「へっへっへ……お前ら765プロは、俺達ジュピターにとって邪魔なんだよ!」

    春香「す、すぐに……すぐに事務所のみんなやプロデューサーさんが、助けに来てくれるんだから」ブルブル

    冬馬「そんなヘマはしねえ。961プロをなめんなよ」

    春香「いや……いやあ! こ、こないで……誰か助けてえー!」ジタバタ
続きを読む

編集

10年後m@s



プロデューサーさん。

ビデオカメラ片手に、いつか私に聞いたことを覚えてますか?


────あなたにとって『アイドル』とは?


まだ無名の新人だった天海春香は、こう答えましたよね。

『夢、ですかね。憧れなんです。小さい頃からの────』

続きを読む

編集

10年後m@s



「ママー! 学校行ってくるー!!」

「ほら、パパにも挨拶しないと!」

「あっ、パパ行ってきまーす!!」


元気なおてんば娘はにこっと笑顔を見せ今日も家を飛び出す。朝からあんなに走って、本当に元気だと感心してしまう。流石は私の娘、元気な所は昔の私にそっくり! すぐに躓く所は似なければいいけどなぁ~……なんて言い元気に走る娘の後ろ姿を見ながら思っていた。

続きを読む

編集
1: ◆40t.IUZ/Q2 :2013/07/08(月) 23:43:22.96 :URYWiM3Oo

アイドルマスターと神林長平のSF短編「言葉使い師」のクロス(パロディ)SSです




2: ◆40t.IUZ/Q2 :2013/07/08(月) 23:45:16.45 :URYWiM3Oo

そう、春香、あなたのことならなんでも知っている。

あなたは平凡な高校生活に飽きてしまって、無為な日々を過ごしていた。

そして今、ふと立ち寄った感応スプールの店で、昔の夢を思い出したあなたは、棚をめぐっているところだ。

ところ狭しと並べられたスプール…。ほとんどが男性向けのタイトル。

棚ごとに、見本用の指向性感応イメージが頭のなかに直接入ってくる

そしてあなたは、ある棚で足が止まる。

「アイドルコーナー」

そこでは華やかな、アイドルたちのパフォーマンスイメージが次々に展開されていた。

そうだ、あなたは小さい頃アイドルのライブを「感じ」に行ったことがあり、その時の強烈な体験が「アイドル」へのあこがれとなって、今も残っていた。

中古の棚においてあった感応スプールの一つ、「リトルソングバード」というイメージが浮かんでいるそれを手にとったあなたは、ため息をつく。自分のカードで買えるぎりぎりの値段だな、と。

〈これ、ください〉

精神会話で、レジの店員に話しかける。ぶっきらぼうな若い店員は、あなたのカードとスプールを受け取るとピッピッと精算を済ませた。

それでも、あなたは久々に買うアイドルの感応スプールに心をときめかせて、そんな店員の態度も気にならなかった。 


続きを読む
アクセスランキング