あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 菊地真

編集

関連SS:千早「お鍋が食べたいわ」
    響「焼肉が食べたいぞ」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 23:47:40.02 ID:fCguc1zKo

響「こないださ」

千早「え?」

響「こないだ、うちの事務所からあの番組出てたでしょ? ポセイドンさんの、クイズ番組。ポセリーグ」

千早「そういえば出てたみたいね」

響「自分、家で見てたんだけどさ。春香と貴音と雪歩と真とあずささん出てたんだけどね」

千早「ええ」

響「番組の中で、5人が順番にクイズに答えるっていうのあって、その時の問題が『【し】で始まる四字熟語』だったんだけど、ラストの雪歩がさ‥‥うーん」

千早「どうしたの?」

響「これ、話してもちょっと伝わらないかも。多分、録画したDVDが資料として‥‥」ゴソゴソ

千早「‥‥‥‥」

響「‥‥あ、あった。ちょっと待ってね」

千早「ええ」

響「えーと‥‥早送りで‥‥あ、この辺かな」ピッ


天の声『それでは、765プロチームのファイブボンバー、スタートです』

春香『えーと、えーと‥‥七転八倒!』ピンポン

あずさ『し、し‥‥新進気鋭?』ピンポン

貴音『秋風落莫』ピンポン

真『七転八倒は出たから‥‥えー、えー、し‥‥し‥‥あ! 疾風怒濤!」ピンポン

雪歩『しゅちにくりぃん !』ピンポン テレレテッテテー


千早「ふふっ!」

響「しゅちにくりぃぃいん!」

千早「よ、よりによって何故そんな言葉を‥‥それも萩原さんが」

響「この後、散々いじられてたぞ。世界で一番大きな声で酒池肉林って叫んだアイドルとか言われて」

千早「物凄いギャップね。というか、萩原さんのあんなに大きな声、久々に聞いたわ」

響「あはは! それが、よりにもよって、酒池肉林なんだ」

千早「ふふっ」

響「‥‥さて」

千早「‥‥‥‥」

響「暇だね」

千早「‥‥帰れば?」



続きを読む

編集


あずさ「ブーゲンビリアです、よろしくどうぞ~」

真「って言うかなんでこのコンビ名なんです?」

あずさ「ブーゲンビリアの花言葉は「情熱」と「魅力」なんです~」

真「あー、なるほどね。まぁ花言葉って諸説ありますけどね」

あずさ「私の「魅力」と私の「情熱」を込めて命名しました~」

真「あー、ボクのことノータッチですか、そーですか」

続きを読む

編集
真「はいどーーもーーーーーーーーー!!!!!」パチパチパチパチ

雪歩「どーもー」パチパチパチパチ

真「いやぁ~、ね!!!!!」

雪歩「のっけから騒がしいですけども、皆さんよろしくお願いしますね」

真「どーーもーーーーーーーーー!!!!」

雪歩「ね、それしか言ってませんけども」

真「いやぁ~、ね!!!!!!」

雪歩「やんややんや言ってますけども私達今日は歌いに来たんじゃないんですよ」

続きを読む

編集
※エロ表現あり閲覧注意


1: ◆b2/ys3/tgw 2016/03/03(木) 01:10:07.53 ID:+RRvPwf9o

紡ぐ煙が月を隠す

蛍光灯の明かりを頼りに

ブロック塀の下を猫が歩く

ぽつりぽつり、街明かりと喧騒

口元の黒子に煙草を咥えて

彼女は一人、夜風に触れた

続きを読む

編集
アイマス×ローゼンのクロスです。地の文は真の語りです。
ローゼンメイデンの世界は原作終了後の設定ですが、アニメの設定もたくさん混じっています。





真「ふー。終わった~」



どもっ(・◇・)ゞ ボクです。

新しい漫画が読みたくなって、小鳥さんに質問したら薦められたのがこれ。

絵のテイストはちょっと古い少女漫画っぽくってボク好み。表紙の服も一度は着てみたい感じだったし。

早速書店…新刊はなかったから、古本屋に買いに走ったんだよね。

さぞかわいらしい日常が繰り広げられるのだろう、と期待していたら…バトルものだった。

何を言ってるか(以下略) ま、面白かったからいいんだけど。

古本屋で残りを全巻大人買いして、全巻読破して今に至る。



真「これで終わりってのはもったいない気がするけど、いいラストだったな…ん?」

真「今、何か落ちたような……あ、この紙切れか」

真「…ふふっ。こんなイタズラする人もいるんだな」

続きを読む

編集
やよい「持ち時間はなく、一手30秒で差していただきます。なお、途中10回の……えっと……」

あずさ「こうりょじかん」ボソッ

やよい「こうりょじかんがございます。それではお願いします」

菊地名人「お願いします」

双海真美五段「お願いします」

続きを読む

編集
――――八月



月の初めからすでに、終わり頃を気にしてしまうこの月は

毎晩、机に向かって手帳を記す。


一字一字を確かめるように、気持ちを綴る。

だって

この心の動きは多分

私にとって、とても大事な事だから。

続きを読む

編集
真「おはようご「はにぃぃ!!」」

真「うわっ!」

あふぅ「はにぃ、はにぃ」

雪歩「えっと…おはよう、真ちゃん」

真「…前が見えない」

あふぅ「はにぃ」

雪歩「…と、とりあえず、ソファまで行く?」

真「…連れていってくれる?」

あふぅ「はにぃ、はにぃ」

続きを読む

編集
真「暑い夏!! クーラーの壊れた事務所!! 1週間程続いての猛暑日!!!!」

春香「殺すつもりかと!! 地球規模で私達を殺しにかかっている!! 地球が!! アースが!! 母なるアースが!!」

真「しかも何の因果か、今日は事務所に春香と二人きり!!」

春香「地獄の大盛り、半ライス付かっつーー話だよ!! 暑苦しい真と一緒だなんてさ!!」

真「だからね、もうね」

春香「我々はね、もうね」

真「ピザを!!」

春香「ザーピーを!!!!」

真「はいたくのザーピーを!!!!」

春香「もんちゅうしちゃおうっつーーわけですわ!!!!」

続きを読む
アクセスランキング