あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 菊地真

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/25(水) 21:21:43.75 ID:YpcCwbqA0
 
ボクがプロデューサーと初めて会ったのはプロデューサーが自己紹介も兼ねてアイドル達に挨拶をして回ってた時。

ボクは公園で男の子達と混ざってサッカーをしていたんだよね。

最初は男の子と見間違られたんだっけ、ひどいよホント・・

でもアイドルとして伸び悩んでいたボク達にとっては本当に救世主みたいな存在だったんだ。

毎日遅くまで働いて、でも疲れた素振りなんて見せずにボク達を引っ張ってくれるプロデューサー。

いつしかボクはそんなプロデューサーに惹かれていたんだ。

でもボク、そういう経験なんて今までしたことなかったからどうしたらいいか分からなくて・・

少女マンガとかはよく読んでたんだけど実際の恋となるとちょっと・・・・ね。

雪歩達にも背中を押されて少しづづアプローチしてみたりしちゃったりして・・

そのかいもあってかな、ボクはプロデューサーと付き合うことができたんだ。

そして告白した夜、ボク達は事務所で一晩を明かした・・・

ボクがお願いしたんだ。今晩は一緒にソファーで過ごしませんかって。

最近は仕事も忙しいし、きっと二人で過ごす時間なんてとれないと思ったから・・

せめて今日だけは・・って。
 
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 17:16:25.24 ID:PayVsvLV0

「旦那様!」

「何だ」

「お嬢様がテレビに出ております!」

「何だと?見に行く」



我が愛娘が芸能界デビューしてからと言う物、使用人達がこぞってテレビの前に集まるようになった。
仕事が片付いてれば文句も言わないし、娘が若い衆にもかわいがられていると言う事実は、実に喜ばしい。
が、同時に雪歩の身を案じる私の心は気が気ではないと言うのもまた事実だ。
そう、まるで百合の花の様な可憐で、美しく、そして可愛らしい我が娘。
心配にならない方がおかしい。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/02(日) 16:34:29.58 ID:UezAC/YO0

真「雪歩、ちょっと今、時間大丈夫かな?」

雪歩「あ、真ちゃん、うん大丈夫だよ、何かな?」

真「雪歩、実は僕!雪歩にお願いがあるんだ」ガシッ

雪歩「ま、真ちゃん…どうしたの急に?し、真剣な顔して…」ドキドキ

真「雪歩に聴いてもらいたいモノがあるんだ!」

雪歩「…え?聴く?」

真「これなんだけど…」

雪歩「CD…かな?これを聴けば良いの?」

真「うんっ!」

雪歩「うん、解った、じゃあ、ちょっとヘッドホンして聴いてみるね?」
続きを読む

編集
このSSは真「雪歩は黙ってて!」雪歩「っ」プクーアフターSSです。

こんにちは、菊地真でっす!!
突然の話で申し訳ないんですが、少し前に春香と喧嘩してしまいました……。
うぅ、今思い出しても春香には申し訳ない気持ちで一杯です……。
でもでも、そこに居合わせた雪歩のおかげで、なんとかなったんです!


あれから春香とはちゃんと仲直りしたし、あの喧嘩を切欠に、お互い言いたいことをハッキリと言えるようになり、
むしろ、前よりも仲良くなれたんじゃないかなって思います!
ショッピングとかにも良く行くようにもなったりして、へへ。

…………けど……。 一つだけ問題が……。

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/10/28(月) 20:40:41.08 ID:qd3EGB9P0


真「ふぅ…この辺にしとこう」

日課のジョギングを終わらせて帰ろうとした

「そこのお兄さん、焼きそば食べない?」

辺りを見回してもお兄さんと呼べるような人間は居なかった。

「君だよ君、ジョギング終わりの君」

真「やっぱりか...」

男と間違われるのは慣れた。けど嬉しいものじゃない

真「ボクは女の子ですよ!」

「あ~ごめんごめん、で、焼きそば食べない?」

「お嬢ちゃん可愛いから負けとくよ」

真「さっき男と間違えたクセに...」

「そうだっけ?まあ気にすんな。ホレ」

頭にタオルを巻いてサングラスを掛けた屋台のお兄さんは焼きそばを差し出した

真「紅しょうが多めでお願いしますね」

「仕方ねえなぁ」

「お嬢ちゃんいつもこの辺走ってるよな、部活でもしてんの?」

真「いえ、運動が好きなだけですよ」モグモグ

「へー関心関心」

真「て言うかいつも見てたんですか?」

「いんや?二日目」

真「調子狂うなぁ...」

「よく言われる」

真「でしょうね」

「まあ今初めて言われたんだけどな」

真「」

続きを読む

編集


雪歩「おっはようごさいまーす!!」

雪歩「私は今、765プロの事務所の前に居るんですが!」

雪歩「こちら! なんと! 風が!」

雪歩「普通です!!」

雪歩「時刻は朝7時! 通勤する方々が街を行き交いますね!」

雪歩「私の生きがいは! 今日! 真ちゃんと行く!」

雪歩「サイクリングですっ!!」

続きを読む

編集

前作:律子「あの日見た夢」



1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/29(木) 01:19:57.28 RhyawRr00

P「真、おつかれ」

真「あ、プロデューサー!見てくれてました?」

P「ああ、バッチリだったぞ」

真「そうだ!プロデューサー!」

P「ん?」

真「ボクの誕生会開いてくれるって本当ですか!?」

P「ああ!音無さんを中心に準備してくれてたぞ」
続きを読む

編集
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/29(木) 03:11:11.11 ID:+1Q5UIdo0 

真「ねぇ~プロデューサーいいでしょ!ねぇ~!」 

P「ダメだダメ! 変な噂たったら困るだろ?」 

真「なんでもいいって言ってたじゃないですか!」 

P「やれることとやれないことがあるだろうが!」 

伊織「おつかれ...ってなにしてるのよあんた達?」 


続きを読む
アクセスランキング