あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 星井美希

編集

★シャッフルSS第2弾★



雨は嫌い


寝る時は寒いし、湿気で髪はまとまらない

灰色の空を見ていると陰鬱な気分になる


窓ガラスを落ちる水滴を目で追うと、ピンク色の傘が事務所に向かってくるのが見えた

傘の動きから察するに、きっと持ち主の機嫌は悪い

続きを読む

編集
1: ◆K8xLCj98/Y:2013/05/27(月) 21:18:18.85 ID:zsFgerQl0

「おにーさん! 写真、とって!」

 近所のお兄さんは、ミキにとってヒーローだったの。
 魔法のカメラで、綺麗な写真をいっぱい撮ってくれる、ヒーロー。

「よーし、じゃあそこに立ってみようか」

「はいなの!」

 ミキのヒーローは、いつもいつでもひとりだけ。
 素敵なカメラのお兄さん、その人。
 ずーっと続く初恋の相手で、それはいまも同じ。
 7歳離れてるなんてカンケーないよね。

 パシャリ――って、今日も一枚。
 その一瞬を切り取って、永遠に残してくれるんだ。

続きを読む

編集
1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/17(金) 00:01:25.46 ID:Isnz0caW0

美希「うーん……」ジー

響「ん、どうしたの?」

美希「……ミキ、視力が落ちちゃったかも」

響「えっ!?」

美希「カレンダーの文字がさっぱり見えないの……」

響「なんでそんな急に?」

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/17(月) 22:04:55.54 ID:9+tc+f1B0
 
P「なぁ、美希」

美希「ん? なぁにハニー?」

P「暑いから少し離れてくれないか」

美希「やっ!」

P「嫌か~そうか~イチゴババロア買ってこようと思ったのに残念だな~」

美希「そういう事は早く言うの! じゃあ一緒にお出かけしよう!」

P「うん、変装してね」

美希「暑苦しい中マスクは辛いの」

P「じゃあ俺一人で」

美希「やっ!」

P「嫌か~」

続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE:2014/01/13(月) 02:12:42.55 ID:j189nuvS0

ガチャ

春香「ただいま戻りました!」

小鳥「あ、春香ちゃんおかえり(小声)」

春香「? 小鳥さん、どうしたんですか?」

小鳥「今ソファーで美希ちゃんが寝てるから。」

春香「あ、そうなんですか。」

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 16:07:17.19 ID:TJd3WACio
 
美希「ねね、ハニー。最近耳、痒くない?」

P「え、耳?どうしたんだ急に」

美希「いいから。痒くない?」

P「うーん……特には無いけれど」

美希「あ、そうなんだ。なら!最近聞きづらいなーって思ったことは?」

P「それこそ無いな。美希の声が聞きづらくなったらそれこそ一大事だ」

美希「うー……それじゃあ、えっと」

P「?」

美希「―――あのね、ハニー!」


美希「ミキと気持ちいいこと…………してみない?」

P「うん、とりあえずちょっと待て」
続きを読む

編集

※以下のSSは、昨年の11月頃に書かれたものですが、政治的事情により非公開とされていました。
それがこの度、特定秘密にはあたらないという判断から公開が可能となりました。
そういうわけで、SSで描かれているのは約1年前の政治的情景であることを踏まえた上で閲覧をよろしくお願いいたします。


野田「いつもいつも、お父様にはお世話になっておりまして」

美希「そんなの、気にすることないの。いいから、土下座はやめて欲しいってミキ思うな」
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/07/26(金) 00:37:39.57 ID:Ho3E/8YN0

美希「貴音ってさ」

貴音「はい」

美希「凄くカッコイイよね」

貴音「…何ですか、突然」

美希「あは、赤くなったの」

貴音「からかってますね?」

美希「違うよ、本当にそう思うの」

貴音「…ありがとうございます」

美希「それにとっても可愛いの」

貴音「………」

美希「また赤くなった」

貴音「なっていません」プイ

続きを読む

編集


とある夫婦の家


P「貴音。お前、このところ元気ないな」

貴音「貴方様……。最近どうにも食欲が無いのです……」ゲッソリ

P「な、なに!? 貴音が食欲が無いって!? 一体どうしたんだ!?」

貴音「わたくしのお腹のややこのせいかもしれませぬ」ナデナデ

P「赤ちゃんを身ごもったせいなのか? 本当に何か食べたいものはないのか?」

貴音「そうですね、ご近所の律子嬢の庭に生えている『らぷんつぇる』なら食べたいのですが」

P「げっ!! 律子って、あの魔女の!?」

貴音「ああ……。『らぷんつぇる』が食べとう御座います」

P「わ、わかった。何とかしてみる!」

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/24(日) 21:27:05.69 ID:syhQ6M1Q0

 「竜宮はわかるけど……なんで?」

 「千早は……その前日にソロライブがあってな。スケジュール的に厳しそうだから今回は見送るとのことだ
  見には来るらしいが、参加はしないらしい」

 (ソロライブって……だって今回は、雪歩が復帰してから初めての幕張メッセなんだよ!?)

 10月のある日の打合せのことだった。

 喉元からでかかった言葉をギリギリのところで閉じ込める。

 美希がなんて言ったところで千早さんにもプロデューサーにも美希の言葉は届かない。
続きを読む
アクセスランキング