あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 我那覇響

編集
1: ◆OED22aNsPw 2014/04/25(金) 00:03:09.06 ID:wREsLGjY0
響「そういえばさ、千早の腹筋って羨ましいよなぁ……」

千早「え? い、いきなりどうしたの我那覇さん?」

響「いや、千早の腹筋はよく引き締まっててダンスやってる自分としては羨ましいなぁ……って」

千早「うーん、そうかしら?」



続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/18(金) 20:17:33.75 ID:/KveLfJR0
真「今日も疲れたなー。でも忙しいってことは人気が出て来たってことだからね!忙しさはいつもより1.5倍だけどやる気は15倍だよ!」

真「っと、明日も朝早いからもう寝なくっちゃ。寝る前にpiyotterでファンの皆に挨拶してっと」


『きゃっぴぴぴーん☆真ちゃんはもうおねむの時間だから今日は寝ちゃうなりよ~♪』


真「これでよしっと!……あれ?なんだろうこの広告」



伊右衛門 10周年御礼
抹茶で、お茶はおいしくなる。
比べて実感セット その場で10万名様に当たる!


真「お茶かぁ。雪歩にあげたら喜ぶかな」

真「懸賞なんて当たったためし無いけど、せっかくだから応募してみようっと!」

真「ここをクリックするだけでいいのかな?」カチッ




サントリー伊右衛門「抹茶で、お茶はおいしくなる。比べて実感セット」に当選しました。
皆に喜びの声を伝えよう!



真「へっ!?」


真「やーりぃ!当たっちゃったよ!懸賞なんて初めて当選したよ!」

真「へへっ明日は皆に自慢しちゃおうかな!」







菊地真 @makkomakkorin
サントリー伊右衛門「抹茶で、お茶はおいしくなる。比べて実感セット」に当選しました。その場で10万名様に当たる!5月26日まで。


雪歩「……ッ!」

続きを読む

編集

■STORYM@STER



IA大賞を完全制覇してから数ヶ月、春香と千早と自分でユニットを組んでから初めての全国ツアーをやる事になった。
名実ともに自分たちはトップアイドル、そのトップアイドルが全国を回るツアーという事で、話題性は十分にある。
律子から聞いた話だと、チケットは即日完売、急遽ライブビューイングなんてものもやる事になったとか。
久しぶりに律子の目がお金に染まっていて少し懐かしくなったな。

続きを読む

編集
1: ◆RY6L0rQza2 2014/04/09(水) 19:24:39.92 ID:XXrM+ZQ3o
響「サッカー?」

の続き物ですが多分読んでなくても大丈夫。
オチ無しですが宜しければどーぞ

2: ◆RY6L0rQza2 2014/04/09(水) 19:25:32.16 ID:XXrM+ZQ3o
―事務所―

響「おーっす、ただいまー!」

美希「響ーっ!」

響「美希、いきなりどうした?」

美希「真クンとデート、ずるいの!ミキも一緒に行きたかったの!」

響「へ?…あ、もしかして。サッカー見に行ったときの?」

美希「むー。ミキも、シュンスケ、見たかったの!」

響「…もしかして、美希もサッカー好きなのか?」

美希「そだよ?ケッコー見てるの。」

響「初めて知ったぞ…。意外な趣味、みたいな?」

美希「765プロのみんなでサッカー好きなの、真クン以外だとハニーくらいなんだもん。」

響「あー…自分は卓球派だし、沖縄だと野球の方がメジャーだしな。」

美希「ふぅん…。それより!真クンにミキも連れて行ってって言って欲しいな!」

続きを読む

編集

@四条貴音のらぁめんますたぁ




貴音「本日は、ふぁんれたーにございましたらぁめん店へと赴こうと思い、東京は町田に来ております。」

響「貴音ぇ…誰にいってるんだ?」

貴音「瑣末な事です。いざ…!」ガラッ

続きを読む

編集
1: ◆RY6L0rQza2 2014/04/06(日) 15:31:36.73 ID:UmAqle4zo
―事務所―

響「はいさーい!」

P「おはよう、響。」

真「あ、響!丁度良かった!」

響「ん?どうした真?」

真「響、今日は午後オフだろう?予定なかったらサッカーの試合見に行かない?」

響「へ?あぁ…確かに、特に予定は無いから良いんだけど…。」

真「本当に!?良かった!チケットが一枚余っちゃって、他のみんなは仕事だし、どうしようかと思ってたんだ。」

P「俺も仕事が無ければ行きたかったんだけどな…。」

響「そ、そっか…自分、サッカー全然知らないけどいいの?」

真「もちろん大丈夫だよ!」

響「そっか、じゃあ仕事終わったらすぐに事務所戻ってくるね!」

真「うん、分かった。」

続きを読む

編集
雨が、埃にまみれた袴を濡らしてる 
路銀を使い果たしてしまった自分は小川の側にうずくまり、川面を流れていく紅葉を眺めてた

腰には一振りの刀 
たった一つの、父親の形見 

「父さん……」 

何度呟いてみても、応えてくれる人はいない 

(これからどうすればいいんだろ……) 

続きを読む

編集

前作:亜美「あさ!」真美「ぶろ!」



1: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/24(金) 22:42:47.33 ID:aDtc1WdF0

 満月の輝く、美しい空。
 この光が、わたくしの心を落ち着かせてくれるのです。

 食事が終わり客室に戻り、こうして見上げる空。
 黒色と青色の混ざるこの景色に、一筋の光がさしこみ――

響「貴音」

貴音「……はい?」

響「それ、さっきも聞いたぞ」

貴音「…………そう、ですね」

 椅子に座ります。
 響はベッドに寝転がって、眠いと何度も呟いていました。

続きを読む

編集

前作:春香「クイズっ、マジオネア!」
   春香「クイズ$マジオネア!」律子「えっ」
   春香「クイズ$マジオネアっ!」亜美「うおう!?」


1: ◆K8xLCj98/Y 2013/10/18(金) 01:18:16.06 ID:0kX6lNZx0

パチパチパチパチ

春香「わっしょーい!」

ワッショーイ!

春香「いえい! クイズ$マジオネアへようこそ!」

ワアアアアアア

春香「季節はすっかり秋ですね! みなさん!」

響「ねえ春香、秋と言えばフェアリーの新きょ」

春香「それでは早押しクイズ!」デン

ワハハハ


続きを読む
アクセスランキング