あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 我那覇響

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 23:37:35.66 ID:zJ3GdvMS0

 春香はいつか、自分にこう言ったよね。
 孤高が強いんじゃない、って。

 その意味は全然分かっていなかった。しかも、何言ってるんだコイツ、って聞こうともしなかった。

 でも――いま分かったよ。

「プロデューサーさん! 私達、勝ったんですよ!」

「落ち着け春香! まだ舞台の上なんだから!」

 結束が人を強くする。人はひとりじゃ、いられない。
続きを読む

編集
1: ◆K8xLCj98/Y:2013/11/01(金) 23:27:19.09 ID:Q7052WfG0

 自分の未来は、既に約束されていた。


2: ◆K8xLCj98/Y:2013/11/01(金) 23:28:22.72 ID:Q7052WfG0

 沖縄を離れて、学校の友達やアクターズスクールのチームメイトとも連絡を取らなくなっていった。
 連絡をとっていると、いつしか自分は故郷に依存してしまうと考えたから。

「美希ちゃん。今回のアイドルアルティメイトは、君のみに出場してもらうよ」

「えっ……? ひ、響と貴音はどうなるの」

「今回はフェアリーの美希ちゃんではなく、アイドル星井美希として出場して欲しい。
 それが私はベストだと考えたのだ。…………分かるね?」

 東京に出てきて、初めて出来た友達。
 それは、同じアイドルユニットの美希と貴音だった。
続きを読む

編集


響「…………ごめん、自分の聞き間違えかもしれないからもう一回言って?」

P「おう。……パンツ履いてみないか?」

響「バッカじゃないの!? あのさ、バッカじゃないの!?」

P「やめろよ興奮する」ペシペシ

響「履くってどういうことなんだよ!」

P「俺の」

響「うん」

P「パンツを」ヌギッ

響「ズボン脱ぐな変態プロデューサー!」バコーン

P「履いてくれ」

響「いやだぞ!」

続きを読む

編集

前作:響「自分たちの、インフェルノスターズ」


1:◆K8xLCj98/Y:2013/04/01(月) 23:29:59.24 ID:Y7yuh94s0

 「Song on the wave」。
 注目されているアイドルやアーティストが出演する、有名音楽番組。
 出演したアイドルは必ず仕事も増え、トップアイドルへと近づく。

 多くのアイドルがパフォーマンスをした場所。
 日高舞が伝説を作り上げた場所。
 ジュピターが頂点へ近づいた場所。

 ――その番組に、ついにフェアリーが出演する。

続きを読む

編集
1:◆K8xLCj98/Y:2013/03/11(月) 23:06:55.24 ID:bshoIG7l0

 くらっ、と来て、次の瞬間には思い切り倒れていた。
 ダンスレッスンの途中、原因不明の立ち眩みになったんだ。

 医者には「激しく踊ると立てなくなる」病気だと言われた。
 つまり――もう自分はダンスが出来ない、と。

 ああ。
 もう、何をする気にもならない。

続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/17(土) 00:04:15.22 ID:he+6kv950

「ひゃっ」

 自分が楽屋のソファで休んでいると、貴音が後ろからやって来て缶ジュースをほっぺに当ててきた。

「お疲れ様でした、響」

「た、貴音……ありがと」

「どうかしましたか、冴えない表情ですよ」

「うん……そうかな?」

 貴音がくれたのは、自分がいつも見栄を張って飲んでいるコーヒー。
 すっかり無糖が好きなんだと勘違いされてるみたいだ。

「悩みでも……?」
続きを読む

編集

前作:律子「あの日見た夢」
   真「誕生日なのに捕らわれる」



1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/10(木) 21:59:02.55

響「誕生日かぁ…」

朝起きて、歯を磨きながらカレンダーを見つめる。

その日付は10月10日。自分、我那覇響の誕生日だ。

響「みんな…覚えててくれてるかなぁ」

少しの不安と、待ちきれない期待が胸をよぎっていた…
続きを読む

編集


春香「響ちゃん、ごめんね! 誕生日パーティみんなで開けなくて……」

響「忙しいから、仕方ないでしょ? 気にしてないぞ! プレゼントはみんなからもらったし」

春香「それでね、その代わりになんだけど、みんなで一人1つずつ、響ちゃんの頼みを何でもきく事にしたの」

続きを読む

編集

☆シャッフルSS☆



「……き…。……びき…。」

「響!」

夢の途中。それが良い夢だったのか悪い夢だったのかは覚えていないが、誰かの声で起こされる。
誰だろう?自分の家には人間の言葉を喋れるのは自分一人。
自分は動物の言葉が分かるから、もしかしたらそれが人間の言葉に聞こえたのかもしれない。

響「誰だったんだろうなー。いぬ美ー」
続きを読む

編集

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga] :2013/06/12(水) 22:24:59.01 ID:i9AoNlKc0

美希「あふぅ……」スッ スッ 

響「美希、寝不足か?」スッ スッ 

貴音「睡眠は重要ですよ」スッ スッ 

美希「うーん……よく分かんないの」スッ スッ 


響「……なんか、今日暑くない?」スッ スッ 

貴音「空梅雨ですから……」スッ スッ 

美希「……」スッ スッ 

響「……」スッ スッ 

貴音「……」スッ スッ 




響「……暇だな」 



続きを読む
アクセスランキング