あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 秋月律子

編集
2: ◆Hnf2jpSB.k 2016/07/11(月) 22:36:28.73 ID:P0OnaFXxo

夢を、見ていた。

私の目の前には緑色の海が広がっている。
私の動きに合わせるように波が打ち寄せ、引いていく。
私の声に反応して、大気を震わせるようなざわめきが返ってくる。

夢を、見ていた。

右と左、どちらへ行くべきか。
玉と珠、どちらを取るべきか。
何を悩む必要があるのだろうか。

夢を、見ていた。

降るような星空の下に、私ともう一人。
私が口を開き、もう一人も口を開く。
ぶつかった二つの視線は、同じ方向へ向けられる。

夢は、やがて醒める。

続きを読む

編集

出囃子:虎退治


律子「梅雨は嫌ですね。蒸し蒸しとして暑い季節になってまいりました。東京は葛飾じゃ、
6月になると菖蒲祭りの時期になります。
梅雨どき、傘を指してこう、堀切菖蒲園を歩いていって、茶屋で団子を一齧りするなんてのが、
江戸っ子の嗜みです。
さて、まあ年頃の娘ら3人で菖蒲を楽しみにくる、なんていう、ちょっと色がないお話でございます」

続きを読む

編集
やよい「高槻やよいでーっすぅ!」 

律子「秋月律子です」 

やよい「2人合わせて」 

やよい&律子「やよりつです!」 

やよい「律子さん!」

律子「なぁに、やよい?」

やよい「とつぜんですけど私、小学校の先生になりたいですー!」

律子「あら、いいんじゃない?やよいに似合いそう」

やよい「ホントですかぁ?」

律子「ええ。生徒の人気者になりそうね、やよい先生」

やよい「えへへー」

律子「じゃあ私が生徒の役やるから、先生の練習してみる?」

続きを読む

編集
律子「みんな、準備はいい?」

律子「いよいよ、他のプロダクションとの大規模な合同ライブが始まるわ」

律子「貴方たちには、ステージのことだけに打ち込んでもらうため」

律子「ギリギリまで、海外合宿に取り組んでもらったわ」

律子「そして今日、日本に戻ってきて、いよいよライブを迎えるわけだけど」

律子「この先なにがあっても、動じない自信が、貴方たちにあるかしら」

律子「……そこまで言うのなら、はっきり言うわ」


続きを読む

編集
1: ◆1qWFc3G9Mc 2016/02/05(金) 18:07:52.76 ID:zg9+eYyio
律子「体調管理には気をつけなさいっていつも言ってるでしょ」

やよい「うぅ……。ごめんなさい……」

律子「しょうがないわね。今日の仕事は他の子に頼んでおくから、早く帰って休みなさい」

やよい「はい……。……はっ……はっ……」

デェーーン

やよい「ハンバーーーーーーーーーグ!!」
続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/18(水) 19:07:25.10 ID:w2hQY8+O0
伊織「違う! ご愁傷様よ!」

やよい「ご、ごしゅうしょうさまでした……」

伊織「まったく、やよいもこれからは、お葬式くらい出ることがあるんだからね!」

やよい「それにしても……まさか……」

伊織「ホントにねぇ……信じられないわよ……」

やよいおり「「律子(さん)が急に死んじゃうなんて……」グスッ

続きを読む

編集
1: ◆x05CVfYU6A 2015/06/24(水) 00:23:17.47 ID:ke//0PW90
律子「プロデューサー、起きてください! 朝ですよ!」

P「んんっ……律子ォ……後5分……」

律子「きっかり5時なんですから起きなきゃダメです! 早起きは三文の得と言いますから」

P「……z z z Z Z Z」

律子「って、寝ないでくださいよ!」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 18:48:21.14 ID:xemIZluk0
律子「にっがぁ~。 えっ、よくこんなの美味しそうに飲んでますね、プロデューサーも小鳥さんも社長も」

P「ほら貸せ。 次飲みたいやつ決めとけよ」

律子「はーい。 ありがとうございます」

P「律子には、まだお酒は早かったかな?」

律子「そんなことないですよ。 今日で20歳になったんですからね、私」

P「だったなぁ。 で、注文どうするよ?」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 00:01:57.98 ID:8BvQjATm0

響「いや、ごめん。それは洒落にならないと思う」

律子「うーん、てっきり島人は苦いものが好きなのかと・・」

響「えぇ・・なにその沖縄人に対する偏見。自分は甘い方が良いなぁ」

律子「沖縄と言えば、この時期は観光シーズンだって聞いたけど本当?」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/23(火) 02:02:09.30 ID:O6N65gcso
 1

 私――秋月律子の活動停止が決まった。

 ずいぶん、唐突な話だと思った。私だって、死ぬまでアイドルを続けるつもりはなかったし、
いつかは終わりが来ると分かっていたけれど。

「悪かったよ、ろくすっぽ相談もせずに」

と、プロデューサーは頬をかいた。

「……少しくらい話してくれても、よかったんじゃない?」

「ごめん、悪かった」

プロデューサーは、そう繰り返した。

続きを読む
アクセスランキング