あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 秋月律子

編集

【このSSは実体験を基にしたフィクションです。このSSをあの日、共に京都へ突撃した6名の方々に捧げます】



2014年12月29日
東京都大田区
765プロダクション



P「なあ律子、一緒に初詣行かない?」
続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE 2014/12/08(月) 05:01:01.61 ID:LDvEDIsh0

765プロに所属するアイドルの中で、唯一二十歳を超えている私は、たまにではあるが事務所へ帰るのが夜中になる事がある。
今日もそうだった。

他の娘達は一定の時間になると帰らされる中、私だけ残って収録という事は珍しい事ではない。
しかし最近、私達のプロデューサーである律子さんが結成した竜宮小町に選ばれてからは、一緒に活動する伊織ちゃんと亜美ちゃんに合わあせて早めに帰ることが増えた。
以前の様に遅くまで仕事をしているということは大分減ったが、それでも稀に、今日のように単独での収録や撮影なんかが入ると、こうして夜中に事務所へ帰って来ることになるのだ。

「ただいま戻りました~」

事務所の扉を開くと、奥の方から慌ただしく駆け寄る足音が聞こえる。

続きを読む

編集
1: Lumberjack 2014/08/18(月) 20:44:38.56 ID:Sfb916xx0
続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/10(木) 23:28:21.34 ID:F+qqrKIo0

「卒業後の進路?」
「ええ、アイドル事務所の事務員として」
「アイドル事務所?」

 晩飯を食べ終わった頃、唐突に娘が切り出して来たのはアルバイトをするという事だった。
 卒業後の進路を決めかねていただけに、一つの道筋が立つのかもしれないと思っては見たが、アイドル事務所の事務員と言うのは初めて聞いた。
 契約書を見ていると、そのまま社員として登用してくれるという内容だったので、内容自体は悪くない。
 給料だって世間の相場と比べても高い訳ではないが、生活に困るほどでもない。
 福利厚生も一通りそろっているし、休日は……まあ、どこの業界でも例外と言う物は存在する。

「アイドルをマネジメントするって言う仕事、何だか面白そうだなと思って。その見習いに」
「アイドル事務所なんてやめておきなさいよ、何か面倒に巻き込まれたら、あなたどうするつもりなの?」

 妻が険しい顔で言うのも無理はない。
 つい今しがた、テレビでアイドルの握手会中に刀傷沙汰があったらしいという事が報道されていたからだ。

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/23(日) 00:28:34.44 ID:9h6uLB3H0
十八歳でこの事務所の門を潜って事務員をやっていたが、人手不足のためアイドルをやっていた私

十九歳で自分が抱く野望のためにプロデューサーになった私

竜宮小町というアイドルグループのプロデューサーを勤める私

そんな私だからアイドル達を支えれる部分もある

そんな私だからアイドル達の裏が見える事がある

そんな私だから弱い部分もある

下手な感情移入が私を揺さぶる

そんな弱い私

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 23:42:17.54 ID:mELRPEYg0

「ねえ、律子……さん。どうしてステージに立たないの?」

 美希から突然そんな質問を投げかけられたのは、ある日の昼前の事だった。
 昼寝……朝から寝ていたわけだが……から起きてきたばかりの寝ぼけ眼のまま、美希はそんな事を口走った。

「当たり前でしょ、私はプロデューサーなんだから」
「そんなこと、聞いてないの」

 美希の口調は、寝起きの子供特有の、まだ覚醒していないはっきりしない発音だったけれど、私の胸に突き刺さる気がした。

「律子さんは、どうしたいの?」

続きを読む
アクセスランキング