あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > 秋月律子

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/06(火) 12:13:37.26 ID:KDdUw2920
小鳥「か、換えるって、その……」

律子「ええ、新しいのに。最近電池の減りが早くて」

小鳥「変わってくるものなんですか!?」

律子「電池の減りですか?そりゃあ、何年も使っていれば」

小鳥「な、何年も使ってるんですか!?」

律子「はい。たしか…3年くらいかな?」

小鳥「3年も!?」

律子「高校に入ったくらいの時期から使ってますから」

小鳥「高1から使い始めたんですか!?」

続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE 2014/04/19(土) 23:11:30.26 ID:G8jmH+SC0


P 「たっだいま~。いや~、最近温かくなってきて営業やりや…」

律子「いい加減にしてください小鳥さん!」

小鳥「ピヨ!?」

律子「全く毎日毎日…!」

小鳥「え?え!?私何かしちゃいましたか!?」



続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE 2014/04/06(日) 05:34:08.04 ID:4QYKDoWQ0

「ふ~、今日も疲れたわね~。事務員が小鳥さん一人なのも問題だけど

 プロデューサーが一人なのも考えものよね」

オフィスチェアの背もたれに体を預け大きく伸びをする。
年季の入った椅子が軋んだ音を立てた。

時刻は夜の8時。
昼食を食べて以降コーヒー以外口にしていないので流石に胃が空腹を訴えている。

続きを読む

編集
 彼以外はみんな同じ色の服を着ていた。式は淡々としたもので、一人一人花を入れ、棺に釘が打たれた後は早く、我に返った時には彼は骨壺の中へ納められた。
 その間、私はどうしていたのか。曖昧な記憶が陽炎になって揺らめいているようだった。
 会場のベンチに座って、一日溜めこんだ溜息を吐き出す。今まで感じたことのないくらいナーバスだった。
続きを読む

編集
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 19:27:31.53 ID:h+sVhJxz0

 早く目が覚めてしまったので、そのまま事務所にやって来た。
 朝早くのやわらかい光が窓から入ってくる。

「早いですね、プロデューサー」

 デスクの上に置いてあるノートパソコンの起動をする。

「ああ、まあな」

「もしかして、仕事溜めてたんですか?」


続きを読む

編集

前作:春香「クイズっ、マジオネア!」


1: ◆K8xLCj98/Y 2013/03/09(土) 17:03:29.22 ID:Zfv7iLLZ0

パチパチパチ!

春香「さあさあさあさあ、始まっちゃいましたよ!
   あなたの人生を変えてしまうかもしれないクイズーっ、$マジオネアーっ!」

ワハハハハハ

春香「いえーい!」

イエーイ!

春香「さて、早押しクイズです。問題!」

デデン

春香「『次のアイドルを、五十音順に並べなさい』!」


 【A:『四条貴音』】 【B:『秋月律子』】

 【C:『天海春香』】 【D:『我那覇響』】


亜美「これやる必要ないよね?」

翔太「難しいなあ」

貴音「……はて」

春香「出揃いました! では、正解を見てみましょうっ」


続きを読む

編集

■STORYM@STER






[ 五分の一 ]

ガチャ バタン

 ブロロロ……

律子「ありがとうございます。傘忘れちゃって」

P「別に構わないよ。濡れ鼠で事務所に来られても困るから」

律子「……こういうわがまま聞いてもらえるのも、後少しですしね」

P「そうだなぁ」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:46:21.52 ID:2J/f55Ioo
――事務所


律子「…………」ウツラウツラ

律子「…………」コックリコックリ

律子「……んむ」


律子「すー……すー……」

律子「くー……くー……」

続きを読む
アクセスランキング