あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

カテゴリ:アイマスSS > ゆきまこ

編集
雪歩「ね、突然歌い出しましたけれども、どうしました真ちゃん? 暑さでネジが焼け切れましたか?」

真「地味に辛辣ですけれども。いやね、めっちゃホリデーってどんだけすごいホリデーなのかなって」

雪歩「と言いますと?」

真「いや今全部言ったよ! 強いて言うならめっちゃホリデーの前にいえーーー!!! ってついちゃうくらいすごいのかなと」

雪歩「なるほど、めっちゃホリデーとはどのくらいすごいのか、と」

真「そうそう」

雪歩「つまりこのトリビア、こういう事になります!」

真「違う、待って、そうじゃない雪歩」

雪歩「え?」

真「そんな小首をかしげながら全力で分からなさをアピールしないでよ」

雪歩「と言いますと?」
続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 22:21:47.67 ID:n3AMBxtn0

「――ごめん……。ボクの“好き”と雪歩の“好き”はやっぱり違うみたいだ。今更こんな事を言うなんて、ボクは酷いやつだよね……。…………別れよう、雪歩。」

「…………冗談……だよね……?」

そう言って笑おうとする雪歩の顔はひどく引き攣っていて、今にも泣き出しそうに見えた。

続きを読む

編集
――――八月



月の初めからすでに、終わり頃を気にしてしまうこの月は

毎晩、机に向かって手帳を記す。


一字一字を確かめるように、気持ちを綴る。

だって

この心の動きは多分

私にとって、とても大事な事だから。

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/15(土) 12:49:18.03 ID:OnVHTE0O0
真「あ、雪歩今からお茶淹れるところ?」

雪歩「うん、真ちゃんも飲む?」

真「うん、ちょうだい」

雪歩「じゃあちょっと待ってて」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/14(金) 19:19:24.99 ID:OMRhkb2H0
真「……抱きしめたけど……暑い!!!!!なんで!!!!!」

雪歩「何では私のセリフだよぉ!!!!!」

真「"雪"歩でしょ!抱きしめたら冷たくないとおかしいよ!詐欺だ!」

雪歩「抱きしめて冷たかったらもう死んじゃってるよぉ!!!!」

真「理不尽だ!」

雪歩「真ちゃんがね?!」

続きを読む

編集


Dram@s




外の景色は実家の周辺と大して変わらなかった。
それだからか、遠出をしたという実感はあまりない。
そんなことを思いながら窓の外を見ていたら、ドアをノックする音が聞こえた。
「はーい」
そう言いながらドアを開ける。
廊下には車掌が立っていた。
「ご乗車ありがとうございます。乗車券と寝台券を拝見させていただきます」
「あ、はい」
ポケットから二枚の切符を取り出した。

続きを読む

編集
1: </b> ◇sIPDGEqLDE<b> 2014/09/22(月) 23:21:06.18 ID:gggKs9Dz0

雪歩「真ちゃん、準備出来たよ」

真「うん、こっちも大丈夫!」

雪歩「じゃあ縁側に座って……っと」

真「横、失礼しまーす」

雪歩「えへへ、いらっしゃ~い」


続きを読む

編集
雪歩「真ちゃん。SSをどんどん読んでいくよ!」

真「ええ!? 雪歩にそんな趣味が?」

雪歩「違うよ! お仕事だよっ! みんなやってるよ」




真(これって仕事だったんだ…)

雪歩「とりあえず、伊織ちゃん達の続きからだから4月からのを見ていこうね」

真「少女漫画ならともかく、こういうの読むのはボクちょっと苦手なんだよね…」

雪歩「真ちゃん…。食わず嫌いしていたら繊細な乙女心は育たないよっ!」

真「乙女…。よし! 気合入れて読むよ! 雪歩」

続きを読む

編集
1: ◆b2/ys3/tgw 2014/06/05(木) 02:41:01.10 ID:+qAtxn39o

※百合、R18注意です

↓過去作です

【響×P】自分は今、プロデューサーに「恋」をしている

響「さみしいぞ、プロデューサー、」

今回も前回、前々回と同じ平行世界の予定です

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 10:23:49.49 ID:46jCR3Qqo
 券売機で切符を買ってから気付いた。
去年は入場券だけ買って、このホームに来たことを。

「もう一年か」

 漸く温かくなりはじめた風に、ボクは独り言を浮かべた。
返事をするようにアナウンスがホームに流れた。
ガタガタと電車がホームに滑り込む。
ボクの他にホームに居る人は二、三人だけだ。

 ドアを潜って、窓際の席に腰を下ろす。

続きを読む
アクセスランキング