あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:ネル

編集

前作:春香「クイズっ、マジオネア!」
   春香「クイズ$マジオネア!」律子「えっ」
   春香「クイズ$マジオネアっ!」亜美「うおう!?」
   春香「クイズ$マジオネア!」響「うぎゃっ!?」



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/17(月) 02:36:11.18 ID:WGAXEBHfo

パチパチパチパチ

春香「ひーさーしーぶーりー!」ワアアアアア

春香「やって参りました。あなたの人生を変えてしまうかもしれない? クイズ$マジオネア!」

真「春香、カツラズレてるよ!」ワハハ

春香「おおっ? よっ……と。では早押しクイズです!」

デデン

春香「『次の日本の硬貨を重さが軽い順に並べなさい』!」

続きを読む

編集
1:  ◇K8xLCj98/Y 2014/10/10(金) 00:01:42.18 ID:TQLN5JHC0
続きを読む

編集

★シャッフルSS第3弾★




1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/11(日) 18:29:27.90 ID:1F55Vvf0o

 近所のスタジオでのボーカルレッスンの帰り道、雨に降られた。
 私と一緒に来ていた真と、シャッター街の中で見つけた小さな公園の屋根の下に駆け込んだ。

「すごい雨だね、びしょ濡れだよ」

「そうね……風邪は引いてない?」

「どうだろ。千早は?」

「私は平気そう。タオルを持っていれば良かったのだけれど……ごめんなさい」


続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/05(月) 22:16:09.60 ID:wMa26GOH0

 テレビ局の地下にある駐車場。
 車の助手席に乗り込んだ私に、運転席のアイツがサイダーの缶を渡してくれた。

「ありがとう。……つめたっ」

 気分かしらね? なんとなく、いつもとは変えたくて。だから、

「今日はオレンジジュースじゃないんだな」


続きを読む

編集
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 02:52:19.31 ID:laoKOkfY0

P「……ん?」

貴音「へい、あなた様! 本日はお日柄もよく!」

P「待て待て待て待て、貴音」

貴音「は、はい……あの、何か」

P「一旦そのカウボーイハットとサングラスを外そう、な?」

続きを読む

編集
1: ◆K8xLCj98/Y 2013/01/30(水) 22:28:11.21 ID:dSgg3BIH0

 1日が終わり人々が家路へと急ぐ頃、俺の1日は始まる。
 メニューは、豚汁定食・ビール・焼酎だけ。
 あとは勝手に注文してくれたら、できるもんは作るよってのが俺の営業方針だ。

 人は「深夜食堂」って言ってるよ。
 ……客が来るかって? それが、結構来るんだよ。


ガラガラ
美希「こんばんはー、なの! マスター!」

マスター「おう、いらっしゃい」

 この娘は、星井美希ちゃん。765プロって言うアイドル事務所に勤めてるアイドルさ。

美希「おにぎり!」

マスター「具は、どうするんだ?」

美希「えーっと……、たらこ、ある?」

マスター「あるよ」

美希「じゃあ、たらこで3つ作って欲しいの!」

マスター「……あいよ」


続きを読む

編集

前作:亜美「あさ!」真美「ぶろ!」



1: ◆K8xLCj98/Y 2013/05/24(金) 22:42:47.33 ID:aDtc1WdF0

 満月の輝く、美しい空。
 この光が、わたくしの心を落ち着かせてくれるのです。

 食事が終わり客室に戻り、こうして見上げる空。
 黒色と青色の混ざるこの景色に、一筋の光がさしこみ――

響「貴音」

貴音「……はい?」

響「それ、さっきも聞いたぞ」

貴音「…………そう、ですね」

 椅子に座ります。
 響はベッドに寝転がって、眠いと何度も呟いていました。

続きを読む

編集

前作:春香「クイズっ、マジオネア!」
   春香「クイズ$マジオネア!」律子「えっ」
   春香「クイズ$マジオネアっ!」亜美「うおう!?」


1: ◆K8xLCj98/Y 2013/10/18(金) 01:18:16.06 ID:0kX6lNZx0

パチパチパチパチ

春香「わっしょーい!」

ワッショーイ!

春香「いえい! クイズ$マジオネアへようこそ!」

ワアアアアアア

春香「季節はすっかり秋ですね! みなさん!」

響「ねえ春香、秋と言えばフェアリーの新きょ」

春香「それでは早押しクイズ!」デン

ワハハハ


続きを読む

編集

■STORYM@STER


 セカンドゴロ、らしかった。目を離している隙に、打席に立っていたバッターがおもいっきり振ったバットにボールが当たり、二塁を守っていた野手によって捌かれ、アウトになったみたいだ。スリーアウト。この回も得点は入らずに、野球場ではイニングが変わるとき恒例のポップスが流れ始める。

「おまたせ」
「うん、ありがと」
「……どうなった? 打ったか?」
「ううん、セカンドゴロだぞ。後ろのおっちゃんが言ってた」

続きを読む
アクセスランキング