あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:乾燥もやしP

編集
伊織「はいどうもー」

春香「後ろの席も、ちゃんと見えてますよー! 天海春香ですっ☆」

伊織「アンタの登場いちいち鬱陶しいんだけど、やめてくんない?」

春香「マジトーンで言うな。真顔やめろ」

伊織「はい、まぁそんなわけで大型連休も終わっちゃってね」

春香「関東も梅雨入り間近だったりしますけどね。この季節は鬱陶しくてね!」

伊織「アンタくらいにね!」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/18(水) 19:07:25.10 ID:w2hQY8+O0
伊織「違う! ご愁傷様よ!」

やよい「ご、ごしゅうしょうさまでした……」

伊織「まったく、やよいもこれからは、お葬式くらい出ることがあるんだからね!」

やよい「それにしても……まさか……」

伊織「ホントにねぇ……信じられないわよ……」

やよいおり「「律子(さん)が急に死んじゃうなんて……」グスッ

続きを読む

編集
やよい「持ち時間はなく、一手30秒で差していただきます。なお、途中10回の……えっと……」

あずさ「こうりょじかん」ボソッ

やよい「こうりょじかんがございます。それではお願いします」

菊地名人「お願いします」

双海真美五段「お願いします」

続きを読む

編集
やよい「伊織ちゃん、おっはよー!」

伊織「あら。おはよう、やよい」

やよい「今日も伊織ちゃん、右から鼻水出てるけど大丈夫?」

伊織「何言ってるのやよい、私はいつだってバッキバキにぜっちょーゴーよ!」

やよい「うっうー! 今日も伊織ちゃんは馬鹿ですー!」

伊織「誰が馬鹿ですって!?」


続きを読む

編集
関連SS:smile, again.
 冬のロケ現場は、だいたい寒い。
 コートに包まりながら、ADさんが買ってきてくれた温かい飲み物で暖を取る。
続きを読む

編集
春香「『MEGARE!』の入りってさ、サビとAメロの間に間奏あるじゃない?」

千早「ええ、そうね」

春香「あの間奏って、そこで司会の人が気の利いたことを言うための間っぽくない?」

千早「……考えたこともなかったわね、そんなこと」

春香「きっとさ、そういう間なんだよ。だから、私『MEGARE!』歌うから、
   千早ちゃんは司会者みたいになにか気の利いたこと言ってよ!」

千早「そんな技術は私……ううん、わかった。春香のためだもの、やってみるわ」

春香「わっほーい!」


続きを読む

編集
響「なぁ貴音。自分にも分かるようにちゃんと説明してくれない?」

貴音「きしめん」

響「!?」

貴音「呼んでるのです」

響「何が!? きしめんが!?」

貴音「らぁめんが」

響「どっち!?」
続きを読む

編集





『……ねぇ、そこでなにしてるの?』

「……誰かいるの?」

『私の家の前で寝ておいて、その台詞はないんじゃない?』

「そう……ボクは今、君の家の前にいるんだね」

『ええ。土砂降りの雨に降られて、みじめに地面とお友達になっているわ』

「……実は、もう動けないんだ。ずっとご飯も食べていない」

『理由はなんだって良いわ。家の前に寝ていられるほうが、私には迷惑なの』

「それは、ごめん」

『良いから肩を貸しなさい。ちょっとだから歩いて』


続きを読む

編集
P「無印良品のアレですか?」

小鳥「ええ。思い切って自腹で買ったんですけど、これがもう……」グデー

P「あなた十分ダメじゃないですか。これ以上ダメになりたいんですか」

小鳥「ぐっ……そんなにはっきり言われると……」ダラー

P「顔は困ってても、体が起きないじゃないですか。ちゃんと席についてください」

小鳥「……そんなこと言って、プロデューサーさんも座ってみたいんでしょ?」

P「うっ……」

小鳥「うふふふふ、さぁ、私と一緒にダメになりましょう……」

P「ちょっとだけ、ちょっとだけですよ!」

続きを読む

編集





店員「らっしゃあせぇ! 食券をお買い求めくぁっさーい!」



 ラーメンのスープを濃い目に作り、濃厚に極太麺に絡める。
 茹で上げられ冷水で締められた麺の、押し返すような歯応えと喉越し。
 麺によって冷まされてもなお、強烈な個性を残す味覚を伝えるスープ。

 【沈黙のグルメ】。今宵のテーマは、そう。「つけ麺」である。

続きを読む
アクセスランキング