あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:乾燥もやしP

編集


 夕方を過ぎても、風はまだ、暖かかった日のこと。

 私と千早さんはレッスンスタジオを出て、事務所に戻る途中でした。
「……なんか違う……これじゃない」
 千早さんはスプリングコートの襟を立てて、ちょっと不機嫌そうな顔でぶつくさ言いながら、私のすぐ後ろを歩いていました。
「……違うって、何がです?」
 独り言だということは、私にもわかっていました。
 けど、聞かずにいられない、そんな気分だったのです。
「高槻さん……自由と孤独が翼になって空を飛ぶ、ってどういうことかしら」
「…………はい!?」
「ごめんなさい。忘れて」
 そのときの千早さんは、物凄く悩んでいたんだと思います。
 ……私には、よくわかりませんでした
続きを読む

編集


 ……なに? 俺と母さんの馴れ初め?
 おい母さん、氷嚢と卵酒持って来てくれ、真が病気だ。

 ……わかったから、真。親をグーで殴るな。女らしさが第一宇宙速度で遠ざかるぞ。
 それに一応俺は、これでも父親なんだからさ。威厳とかさ、そういう類の、な?

 わかったら座れ、まず座れ。
 とにかくお前が立ってるだけで、全部ファイティングポーズに見えるんだよ。

 ……俺のせいじゃないだろ。

続きを読む

編集

美希「今日はミキの誕生日だから、ミキが主役に決まってるの!」

律子「そんなこと聞いてるんじゃないわよ!」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■1999年 東南アジア某国

「2番と4番、それに5番脚が損傷。走行不能です」
「残りの脚で車体を戻せるか?」
「やってみます」

「ゴング0より各車。後方に地雷原。その場で停車せよ」
「ゴング1より指揮車。前方に目標多数、接近中」
「目標小隊規模、なお増加中」
「警戒、右方向に熱源反応」
「方位040、移動目標」
「距離1200、移動目標多数。装甲車らしき熱源反応。RPGの射程に入ります」
「ゴングより本部。当該勢力の脅威、更に増大中。発砲の許可を要請する」

『交戦は許可できない。現在、カナダ隊がそちらへ急行中。

 ――――繰り返す。”交戦は許可できない”。全力で回避せよ』

「回避不能! 本部、聞こえるか!」
「前方よりRPGらしき熱源!」

『イジェクト不能!』
『前方よりさらに熱源。なおも増加中』
『脱出できません!』

『隊長おおおおおぉぉぉっ!!』

「…………っ!!」
続きを読む

編集


やよい「真美はえらいね」

真美「何が?」

やよい「カメラ回ってなくても『よっろー♪』とかキャラ作っててさ」

真美「キャラとか言うのやめてくんない?」

やよい「そうだったんだ。私てっきり仕事用にそういうキャラを……」

真美「やよいっちはどこでそういう、大人の浅知恵みたいなのを身に付けたのかな?」

やよい「私も見習わなきゃなかなー、って思ってたの」
続きを読む

編集


jpg large

10年後m@s



 人を評価すると言うことの難しさを知って、かれこれ二年くらいになるだろうか。

 新人アイドルオーディションの特別審査員と言う肩書きが妙に重く感じることもある。ついこの間まで、私はオーディションされる立場だったような気がしたのに。いつの間にこんなことになったのやら、と軽く溜息を零す
続きを読む

編集

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/04(火) 00:03:18.76 ID:nyqLj8TR0

春香『あんどぅーでっ♪ すんぶんまーえのかーこをちょーけす ひーこーおーきで♪』 



亜美「うわー! はるるんがまた飛んでるー!」 

真美「くーしゅーけーほー! くーしゅーけーほーはつれー!!」 

律子「何なのよもう、春香が空飛んでるのなんていつものことでしょ?」 

亜美「いや、今日はいつものことじゃないよー!」 

真美「ほらりっちゃん! 空を見て!」 

律子「……春香、と…………あれは……雪歩に真まで!?」 

亜美「りっちゃんどーするの?」 

真美「真美たち、死ぬの?」 

律子「運命(さだめ)ならね……」


続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/14(金) 21:58:56.65 :cufgGBD30

がちゃっ

P「おはざーっす」

小鳥「おはようございます、プロデューサーさん」

P「いやぁ、暑かったり涼しかったり大変ですね。音無さんは体調崩してませんか?」

小鳥「ええ、大丈夫ですよ。私はしっかり体調管理してますから」

P「俺が不摂生してるみたいに、言わないでくださいよー」

小鳥「ふふっ。それはプロデューサーさんに、思い当たる節が有るからですよ」

P「ううっ。言い返せない……」

がちゃっ

やよい「…………おはよう……ござ……いま…………す」ドヨーン

P・小鳥「「!?」」




続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/19(水) 22:33:33.61 :RCrUArQZo

※設定上、年齢差はやよい(14)→かすみ(12)→長介(12)→浩太郎(6)→浩司(3)→浩三(0)。
 かすみと長介は年子。アニマス当時から10年後、と言う俺設定。

※書き溜めあり。上記以外にもちょいちょい俺設定有りなので、嫌いな方は回れ右を。
 

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/19(水) 22:34:25.16 :RCrUArQZo

《 X day -1 / 19:00 / リハーサルスタジオ 》


  ……ふれーふれーがんばれっ♪ さーいこー♪
    ふれーふれーがんばれっ♪ さいっこー!♪


P「……よーし、おっけい! みんなお疲れ!」

やよい「はぁっ、はぁっ…………やっぱり久しぶりだと疲れます~」

浩太郎「お義兄さん、俺たちも大丈夫ですか?」

P「ああ。全員の演奏を聴いたのは今日が初めてだけど驚いたよ。上手いじゃないか」

浩太郎「お義兄さんにそう言っていただければ、お墨付きですね。やったなみんな!」

ベース「おーよ、俺たちだって結構大変だったかんな?」

ドラム「今まで結構いろんなコピーやって来たけど、今回が一番ハードだったよ……」

リズムギター「アイドル曲だからってちっとナメてたわ……良い経験になったよ」

P「いや、でも君たちなら安心して、やよいのバックを任せられるよ。
  明日は100%、いや120%でガンガンにやってくれ! 良いね!」

バンド一同「うぃっす!!」


続きを読む
アクセスランキング