あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:如月

編集
1: ◆1qWFc3G9Mc 2015/11/18(水) 20:03:11.70 ID:Qj6YnEHd0
前作はこちらなんです!クゥー↑wwwwww

亜美「ポイント戦隊ラクラクカードマンズ!」

あっ、もう一作増えたwwwwwww


2: ◆1qWFc3G9Mc 2015/11/18(水) 20:04:38.97 ID:Qj6YnEHd0
美希「ミキ、もう亜美と一緒にはいられないの……」

亜美「えっ……?ど、どうしたのさ急に!?」

美希「もう限界なの!」

亜美「いやいやちょっと待って。周りに人もいるしさ……。落ち着こう?」

美希「亜美はいつもそうなの!みんなにいい顔して、みんなに同じカード渡すの!」

亜美「いや…… それは……」

美希「ミキは特別扱いされたいの!みんなと同じカードは嫌なの!」

響「待ってよ」

あずさ「そんなこと言わないの〜」

美希「そもそも、なんでこんなラーメン女とミキがおんなじなの?」

貴音「食べますか?」

美希「いらないの!」

続きを読む

編集

★シャッフルSS第3弾★




1: ◆1qWFc3G9Mc 2015/10/31(土) 23:02:49.24 ID:6EtfX4Zz0
雪歩「あの、プロデューサー」

P「ん?どうした雪歩。ああ、お茶持ってきてくれたのか」

雪歩「はい。自分でブレンドを考えてみたんです。プロデューサーが一番乗りですよ」

P「ほう。ありがとな。どれどれ」ズズッ

ズンッ!!!!!

P「ぐあっ!」ドスン!

雪歩「プロデューサー!?」


続きを読む

編集

前作:真美「最近、妹の様子がちょっとヤヴァい…」
   真美「最近、妹の様子がもっとヤヴァい…」
   真美「最近、妹の様子がかなりヤヴァい…」
   女性「た、助けて!」亜美「ムムッwwwwww」
   真美「モノローグはいらない」





1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:09:29.82 ID:sTgWAxv90
亜美「今日もラクラクカードで買い物しよっと」

??「ポイントは私がいただくよ!」

亜美「ムムッwwwwww誰!?」

??「ゲスwwwwwwゲスwwwwwwwwゲスwwwwwwwwww」

春香「ラクラクカードマンさん!私はアマミゲスですよ!アマミゲス!」

亜美「何故亜美がラクラクカードマンだと!?」

春香「どっからどう見てもバレバレだよ!」

亜美「勝手な真似は許さないよ!よーし!」


亜美「ラクラクwwwwwwwwwwwwwwカードマン!wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/04/26(土) 23:09:36.89 ID:qJhNir7b0
※タイトルはミリマス楽曲ですがミリマスは一切関係ありません。
※書き溜めがあるのですぐに終わります。
※このSSは濃厚ないおたかSSです。

短いですが、どうぞお楽しみください。

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 15:53:45.81 ID:fuDSYCEj0
家を飛び出して数分。全力疾走の自転車が向かう先はいつものあの場所。

窓に黄色いテープで大きく描かれた【765】の文字は今日も眩しい。

駐輪スペースに自転車を置いて、ドアを開け階段を駆け登る。

第一声は元気良く!


真美「おっは→!」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/29(金) 23:27:40.62 ID:iKztUeSj0
目的地に着くと、父が走らせていた車が停まる。

私の体を揺すりながら、父は「着いたぞ。」と一言。

まだ寝惚けている眼をこすりながら目を開けると、そこには見たことのない景色が広がっていた。

それもそのはず。何故なら私はこの場所に来るのが初めてだったからだ。



萩原雪歩、7歳。これは私がある人物と経験した一夏の冒険譚だ。
続きを読む

編集

前作:真美「最近、妹の様子がちょっとヤヴァい…」
   真美「最近、妹の様子がもっとヤヴァい…」
   真美「最近、妹の様子がかなりヤヴァい…」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 15:58:20.40 ID:91XeB2nY0
化物「ガルルルルル」

女性「ひぃっ、だ、誰か…」

亜美「あそこで女性が襲われていますね。ちょっとインタビューしてみましょう」

亜美「楽々カードってご存知ですか?」

女性「は?あの、そんなことより助け…!」

亜美「ここは一つ、ラクラクカードマンに変身してこの女性に楽々カードの素晴らしさを教えてあげましょう」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 05:52:44.59 ID:PcgI2hzu0
P「やよい!聞いてくれ!」

やよい「どうしたんですかプロデューサー?」

P「映画だぞ!映画の主演が決まったんだ!」

やよい「私に、ですか?」

P「もちろんだ!」

やよい「あ、ありがとうございます!」


続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/30(火) 22:17:16.95 ID:rdE+x6jH0
亜美「おはよーりっちゃん…」

律子「おはよう亜美。どうしたの?元気ないわね?何かあったの?」

亜美「うん…それがね…」

亜美「真美が小○製薬みたいになっちゃたんだ…」

律子「何わけわかんないこと言ってんのよ…」

亜美「真美、入ってきていいよー」

真美「あっ、おはよう挨拶!」

亜美「こんな具合に…」

律子「」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/15(火) 12:14:45.32 ID:xRmKFP1l0
「真ちゃん…ごめんね…」

「プロデューサー…!私、やります」

「やっぱり…世界には私よりもすごいアナホリストがたくさんいます…」

「怖いですけど…勝ちたい…!ダメダメな自分を…変えたいんです!」


ーーーーーーー

ーーーー

ーー

「…ほ……きほ…!」

「雪歩!」

凛々しい声で名前を呼ばれ、目を覚まします。

夢を見ていたようです。


続きを読む
アクセスランキング