あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:如月千早

編集

千早「優! 優はどこ!?」

優「どうしたの千早お姉ちゃん」

千早「ああ…良かった…どこに行っていたのかと思って…」

優「お姉ちゃん…」

千早「怪我は無い? 大丈夫? 誰かに変な事されなかった?!」

優「お姉ちゃん…」



優「お姉ちゃん、ここは家の中だよ!?」



続きを読む

編集
2 : ◆K/laHoEzHc [saga]:2013/05/29(水) 18:15:28.52 ID:Vc/XGoLP0

俺は数か月前から765プロにてプロデューサーをやっている。 
そして、俺がプロデュースしているのは「如月千早」と言う名前の少女だ。 
彼女はとても真面目で努力を惜しまない。 
その懸命な姿を見て、俺はこの子を絶対にトップアイドルにしようと決心した。 
その為に今日もレッスンに励んでいるのだが…… 

P「ほら、気を抜くな。 足が動いていないぞ」
 
ダンスレッスンの最中、どうにもミスが目立つのだ。
 
P「どうした? 調子でも悪いのか?」
 
千早「いえ、そういう訳じゃ……」 

P「ならしっかりやれ。 これは千早の為なんだから」
 
普段は絶対にしないようなミスすらしているのだ。 
調子が悪いのかと聞いても千早は違うと答え、頑張ろうとはしている。 


続きを読む

編集



jpg large


10年後m@s




私の歌声
今となっては全国……いえ、全世界で知られてる歌声。

765プロで皆と頑張っていた頃と比べ、私の活動範囲はとても広くなった。
そして今は「アイドル」としてだけではなく、本物の「歌姫」として名を馳せている。

続きを読む

編集
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/14(金) 19:52:34.08 :hCMbeaIU0

私は歌が全て

そんな私の元へやってきた好機…アイドルというお仕事

アイドルという職業は正直言って良いイメージがなかった

肌を晒す事でしか己を主張出来ないグラビアに、辱めを受けて必死に笑いを取りにいくだけのバラエティ番組

何よりも…歌を真剣に歌わないあの姿勢

私が目指す夢に似付かわしくない業務内容

私の歌を世界中の人に聞かせたい

真面目に歌った曲を聴いて欲しい

そんな夢 


続きを読む

編集
1: ◆40t.IUZ/Q2 :2013/07/08(月) 23:43:22.96 :URYWiM3Oo

アイドルマスターと神林長平のSF短編「言葉使い師」のクロス(パロディ)SSです




2: ◆40t.IUZ/Q2 :2013/07/08(月) 23:45:16.45 :URYWiM3Oo

そう、春香、あなたのことならなんでも知っている。

あなたは平凡な高校生活に飽きてしまって、無為な日々を過ごしていた。

そして今、ふと立ち寄った感応スプールの店で、昔の夢を思い出したあなたは、棚をめぐっているところだ。

ところ狭しと並べられたスプール…。ほとんどが男性向けのタイトル。

棚ごとに、見本用の指向性感応イメージが頭のなかに直接入ってくる

そしてあなたは、ある棚で足が止まる。

「アイドルコーナー」

そこでは華やかな、アイドルたちのパフォーマンスイメージが次々に展開されていた。

そうだ、あなたは小さい頃アイドルのライブを「感じ」に行ったことがあり、その時の強烈な体験が「アイドル」へのあこがれとなって、今も残っていた。

中古の棚においてあった感応スプールの一つ、「リトルソングバード」というイメージが浮かんでいるそれを手にとったあなたは、ため息をつく。自分のカードで買えるぎりぎりの値段だな、と。

〈これ、ください〉

精神会話で、レジの店員に話しかける。ぶっきらぼうな若い店員は、あなたのカードとスプールを受け取るとピッピッと精算を済ませた。

それでも、あなたは久々に買うアイドルの感応スプールに心をときめかせて、そんな店員の態度も気にならなかった。 


続きを読む

編集

☆シャッフルSS☆



「ただいまー。あら、千早ちゃんだけ?」

「はい、律子は竜宮のみんなを迎えに行きました」

「律子さんに留守番頼まれちゃったの? ごめんなさいね待たせちゃって」

「いえ……あの、音無さん? ちょっと話を聞いてもらってもいいですか?」

「え? うん、ちょっと、買ってきたお茶とか給湯室においてくるから待ってて」

「すみません」

続きを読む
アクセスランキング