あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:孝明P

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/01(土) 22:49:58.25 ID:O9IlJXjd0

P「今回は、前回収録してなかった、もっとディープな宇宙科学の現場の取材だぞ」

真美「でぃーぷ?」

貴音「ほぅ」

P「今回も、向こうの先生方にいろいろと教えてもらいながら番組が進む形だ」

貴音「まこと、楽しみですね、真美」

真美「だね!んー、めっちゃワクワクしてきたよ!」







----------
このSSは
真美「JAXAでお仕事?」
の続編です。
----------

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:24:24.14 ID:xPy7C6ZB0

P「旅は良い……俺は船の旅が好きだ。ゆっくりと舷窓を流れてゆく景色が好きなんだ」

伊織「ねえ」

P「海に浮かぶ島々、空を飛んでゆく海鳥たち。それらがゆっくりと、潮風と共に流れてゆく」

伊織「ねえ」

P「ゆっくりと波に揺られる船は、こうして俺をまだ知らぬ街へと連れてゆく」

あずさ「綺麗ですねぇ」

伊織「また悦に入ってるところ申し訳ないんだけどね、ちょっと良いかしら?ほんの些細なことなんだけれど」


------------

P「伊織とあずささんと旅行に行くだけのお話」
の続編です

------------

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 20:40:39.34 ID:sGu2ZbmQ0

P「ああ、そうだ」

真美「そのシラクサが何で真美にお仕事なの?」

P「ジャクサな。メロスじゃない。そろそろ夏休みだろう?生っすかの中で小中学生向けの宇宙関連のコーナーを作るらしくって、そのリポーターとして真美と、貴音にオファーが来たんだ」

貴音「ほぅ」

P「うおっ!?何時からそこに居た!」

貴音「宇宙、それは人類に残された最後のフロンティア」

真美「お姫ちん、何言ってるの?」

貴音「まこと、良き仕事ではありませんか」


続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/29(月) 21:41:14.04 ID:ufQGaBH/0


(…こちらスネーク、娘の部屋への潜入に成功した)

(んっふっふ…毎度毎度、私が騙され引っ掛かりケチョンケチョンにされてるとばかり思っては行かんぞ娘たちよ…)

(ふふふっ…この日の為に奮発した某大統領のマスクを装着…布団を剥ぎ取りイエスウィーキャーンッと言って叩き起こす…くくく、我ながら恐ろしい考えよのぅ…)

(それでは…!)

「イエースウィーキャー…ん?居ない」

(どこだ…どこに居る、マイドーターズ)

「「トラストミー!!!!!」」

「ぬぉぉぉっ!」

続きを読む

編集



このSSはP「ミキペディア?」アフターSSです




1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 23:49:24.61 ID:9ynZPQSA0

P「……アンサイクロペディアじゃないのか」


P「……あずさイクロペディアねぇ……『地図』」カタカタッ

『最近見かたを覚えたんですよ~、上が北で、下が南で、左が』

P「だめだこりゃ……『電車』っと」カタカタッターンッ

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 02:02:15.18 ID:9ynZPQSA0

P「旅は良い……俺は車窓の外を流れる景色が好きなんだ。見慣れぬ街、見慣れぬ山々、見慣れぬ田園風景が次々と車窓を横切り後方へと消えて行く。徐々に傾く太陽が刻々と違った風景を映し出す……そんな光景が大好きなんだ」

あずさ「のどかな風景ですねぇ……」

P「そうでしょう、あずささん」

伊織「悦に入ってるところ悪いんだけどね、ちょっと聞いて良いかしら?ほんの些細なことなんだけど」

P「んー、何だ伊織。俺は今、この旅情溢れる車窓の風景を目に焼き付けているところだ。何が不満だ?隣にはあずささん、目の前には伊織、そして窓の外には無限に広がるかのような山々が」

伊織「そんな事聞いてんじゃないわよ!私が、今、あんたの口から聞きたいのは、ここは一体どこだって事!!」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/25(土) 23:01:13.74 ID:+lcAxTYu0
ミスター「こんばんは、水曜どうでしょうです。
さて、何時もは私と大泉洋君、それに藤村さんと嬉野さんでお送りしている水曜どうでしょう。
むさいオッサンばかりの画面ですね。
ところが、今日は何と、あの超売れっ子アイドルが登場するという事で驚くべき快挙を、
私達は成し遂げてしまうのです。それでは、ご覧ください、どうぞ」


ミスター「ねーむりーひめーめざめるーわたーしーはーいまー」(裏声
大泉「千早ちゃんなら、大丈夫!」
安田「春香!私、アイドルになるわ!」




藤村「あれ春香ちゃんかよwwwwwwwwwwwwww」



続きを読む

編集

【このSSは実体験を基にしたフィクションです。このSSをあの日、共に京都へ突撃した6名の方々に捧げます】



2014年12月29日
東京都大田区
765プロダクション



P「なあ律子、一緒に初詣行かない?」
続きを読む

編集
響「なぁ貴音。自分にも分かるようにちゃんと説明してくれない?」

貴音「きしめん」

響「!?」

貴音「呼んでるのです」

響「何が!? きしめんが!?」

貴音「らぁめんが」

響「どっち!?」
続きを読む
アクセスランキング