あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:我那覇響

編集
765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧

 ……このあとは「我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT」でお楽しみください。
 ブーブーエスラジオが、22時をお知らせ致します。

 ぺっぽっ ぺっぽっ ぺっぽっ ぺーーーん♪


続きを読む

編集

765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧


 ……このあとは「我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT」でお楽しみください。
 ブーブーエスラジオが、22時をお知らせ致します。

 ぺっぽっ ぺっぽっ ぺっぽっ ぺーーーん♪





響「我那覇響です」

真美「双海真美です」

響「本日は、番組をお聴きの皆様に、大事なお知らせがあります」

真美「これまでお送りしてまいりました『我那覇響と双海真美のTOKYO MIDNIGHT!』は
   来月、本年の9月いっぱいを以ちまして、終了することが決定致しました」

続きを読む

編集


関連SS:千早「お鍋が食べたいわ」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/13(水) 19:33:37.57 ID:UxN1sCGlo
響「ただいまー。いい子にしてた?」

いぬ美「ぐるる‥‥がふっ! がふっ! シャーッ! ドルッファー!」

響「うんうん。自分も今日は、まだ食べてないんだ。すぐ用意するからね」

いぬ美「ばふーっ! ドルルルル‥‥」

響「わかってるってば。今日はお弁当買ってきたから、つまみ食いしないぞ。‥‥それはそうと、いぬ美さ、こないだ犬友達と奥羽に行ってから、少し人相が悪くなったよね」

いぬ美「がるっしゃー!」

響「あはは、ごめんごめん。すぐ支度するってば」




響「みんなー、お待たせー」

動物「がおー」

響「あはは、慌てないで、ゆっくり食べるんだぞ。‥‥さて、自分もご飯にしよっと。‥‥あ、冷蔵庫、何か入ってたっけ?
 ‥‥うわっ。卵と、朝食べたサンマ缶の余りしかないぞ。晩に卵かけご飯はなー‥‥ちょっとさもしいぞ‥‥かといって、一回帰ってきてから買い物行くのもなー‥‥なんか切ないからなー‥‥乾麺のソバでも食べるかな‥‥」

ハム蔵「ヂュイ」

響「え? あ、昨日だっけ。ちゃんと録画してあるぞ。ほら、かけるぞー」ピッ

ハム蔵「ヂュヂュイ」

響「こら、あんまり近付くと、目が悪くなるぞ。‥‥あ、お湯沸いた。えっと、ソバはどれだっけなー」ゴソゴソ

テレビ「『この、ヒレっていうのは‥‥』

『カルビの中の、ヒレに近い部分ですね。うまいですよ』

『カルビなんですね‥‥じゃあ、それを』」

響「うわ‥‥」

テレビ「『いただきます‥‥』

『おお、肉だ肉だ。俺、正解』

『はふっ、はふっ‥‥』」

響「‥‥いや、これはダメでしょ。何? こんなもん見ながらソバ食べたら、切なくて死んじゃうぞ。やっぱ買い物に‥‥いや、待て待て。落ち着け自分。ばら肉でも買ってきてフライパンで炒めたところで、それは紛い物に過ぎないぞ‥‥かえって、切なさが倍増する危険性も‥‥でも、お肉食べたいなあ‥‥ん?」

ブタ太「ぶひ?」

コケ麿「コッ?」

響「‥‥‥‥」ジーッ

ブタ太「ブキキッ(お前ざけんなよ)」

コケ麿「コココケーッ(シャレならんぞそれは)」

響「はっ! いやいや、冗談だってば。でも、このままじゃ冗談じゃ済まなくなるぞ‥‥そうだ。とりあえず‥‥」

続きを読む

編集
1: Lumberjack 2014/08/08(金) 21:07:08.41 ID:KOIz0u/B0
続きを読む

編集
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/02(水) 20:24:22.47 ID:3Hwlubjp0



響「…は?」



貴音「ですから! 異国の方に、わたくしの!
   英語の発音を馬鹿にされたのです! 口惜しき哉!」



続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE 2014/08/05(火) 23:04:50.33 ID:lLtQuByv0

ミーンミンミンミンミーン!

響「あっついぞ~……」

P「そうだな」

響「クーラーくらい点けようよ~」

P「今壊れてるんだって」

響「そういえばそうだったぞ……」

P「ごめんな」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/29(火) 22:03:17 ID:b/kW.eNc
真「雪歩、愛してる!」

雪歩「ええっ、突然告られちゃった!?」

真「さぁ、姫。誓いのキスを…」スッ

雪歩「真ちゃん…」ドキドキ

貴音「お待ちなさい!」バッ

雪歩「し、四条さん!?」

真「貴音、一体何の用!? ボクと雪歩の邪魔をしないでくれ!」

貴音「そうはいきません」

真「どうしてだよ! 理由を言うんだ!」

貴音「何故なら私も雪歩を愛しているからです」

雪歩「えっ、えーっ!?」

真「なんてことだ…やっぱり貴音も雪歩のことが好きだったのか」

貴音「真…まさか、このような行動に出るとは思いもよりませんでした」

続きを読む

編集
1: ◆sIPDGEqLDE 2014/07/29(火) 22:06:55.04 ID:O4C1W/sU0


あずさ「遅れてごめんなさい~」

小鳥「も~、先に始めちゃってますよあずささん!」

あずさ「ごめんなさい、撮影が押してしまって……」

響「遅れたって言っても、まだ30分も経ってないじゃないか」

小鳥「もう生3杯目よ!」

響「ピヨ子は最初っから飛ばし過ぎだぞ……」

あずさ「うふふ、相変わらずですね、音無さん」

続きを読む

編集
響「この先の横断歩道からスタートな」

貴音「そんなっ!? 急にっ!?」

響「落ちたら死にだからな~気をつけるんだぞ、貴音」

貴音「っっっっ」ゴクリッ

響「お、青になったぞー、行くぞー貴音」

貴音「そんなっ!? まだ、心の準備がっ!!」

響「よっほっとっほ!」

貴音「響!! 白線の傍はマグマなのですよっ!! もっと慎重に!!」

響「よっと、ほい!! はい終わり~~貴音も早くくるさ~~」

貴音「そんなっっ!! いとも、容易くっっっっ」クラッ

響「そんな難しいものでもないでしょ? ほら、早く~」

貴音「わ、解りました……そ、それでは……っっ」ゴクリッ


続きを読む
アクセスランキング