あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:水瀬伊織

編集

春香「小鳥さん、準備はいいですか?」天海春香です!

小鳥「もちろん、ばっちりよ」ピヨ

伊織「待ちなさい」

春香「どうしたの?」天海春香です!

伊織「今から何が始まるってのよ。あと、それウザいから止めなさい」

春香「よくぞ聞いてくれました。伊織には、ぷちどるのうたを聞いてもらいます!」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 05:27:53.02 ID:DUwOAXaX0
やよい「伊織ちゃん」

伊織「うん」

やよい「いちばんなんだよね」

伊織「白鳥並以上ね」

やよい「すごい」

伊織「スーパーアイドル水瀬伊織ちゃ」






やよい「私は?」

伊織「えっ」

続きを読む

編集

前作:「律子のグルメ」
   「春香のグルメ」
   「貴音のグルメ」
   「響のグルメ」
   「やよいのグルメ」
   「千早のグルメ」
   あずさのグルメ
   「雪歩のグルメ」
   「真のグルメ」


1: ◆sIPDGEqLDE 2015/04/07(火) 21:58:23.38 ID:OR5DcELy0

お盆に乗っているのは大きなどんぶり、それと長方形の平皿。
あとは冷水の入ったコップだ。

丼の中には黄色に染められたうどん。
平皿の方には、私の顔ほどもあるのでは無いか、と思うくらい大きな野菜のかき揚げが鎮座している。
茹でたてのうどんからは湯気が立ち上るが、香りはない。

そう、このうどんにはつゆが無いのだ。

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 12:37:43.44 ID:bKGOvwuSO
伊織「何よそれ」

P「いおり活用形?」

伊織「疑問系で言われても困るんだけど」

P「どんなときにいおるんだ?」

伊織「知らないわよ!つーか、ふつうに話進めないでよね!」

P「あ、いま若干いおったな」

伊織「え、いまのいおったの?」

P「若干な」

伊織「若干いおったのね、いま」

続きを読む

編集
この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪ をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪ CHIYODA FM♪ 11時です♪



春香「ゴールデンウィークが終わりましたが、皆さん元気にしていますか?」

真美「そんな元気じゃないと思うけど、まぁみんなだらっとするなよぉ~」

春香「今日明日お休みなので、もしかしたら有給取って沢山お休みされた方とかもいらっしゃるかと思います」

真美「充電したら現実見ろよ~」

春香「辛辣すぎませんか!?」

真美「ゴールデンウィーク明けだからね、ちかたないよ」

春香「その理屈はおかしいですよ! まぁ、いつもの行きましょう」

真美「あいよ! んじゃっ、せーの!」

はるまみ「「天海春香の! Sweet Chiffon Cake♪」」


-OP曲・Sweet Sweet Sweet―

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 02:02:15.18 ID:9ynZPQSA0

P「旅は良い……俺は車窓の外を流れる景色が好きなんだ。見慣れぬ街、見慣れぬ山々、見慣れぬ田園風景が次々と車窓を横切り後方へと消えて行く。徐々に傾く太陽が刻々と違った風景を映し出す……そんな光景が大好きなんだ」

あずさ「のどかな風景ですねぇ……」

P「そうでしょう、あずささん」

伊織「悦に入ってるところ悪いんだけどね、ちょっと聞いて良いかしら?ほんの些細なことなんだけど」

P「んー、何だ伊織。俺は今、この旅情溢れる車窓の風景を目に焼き付けているところだ。何が不満だ?隣にはあずささん、目の前には伊織、そして窓の外には無限に広がるかのような山々が」

伊織「そんな事聞いてんじゃないわよ!私が、今、あんたの口から聞きたいのは、ここは一体どこだって事!!」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/08(金) 21:57:41.51 ID:/IuQBzrR0


亜美「急にそんな、朝起きたついでみたいな感じで」

真美「はるるんにできるの?」

やよい「楽しみですぅ」

春香「え~~【社長の朝礼が長くなってトイレに行きたい伊織】やります」

伊織「え」




春香「…………」モジモジ

春香「…………」ソワソワ

春香「…………っっ///」グッッ


春香「……っっ!」パァッ!!


春香「あっ…………っっっってまだしゃべるんかーーーーい!!!!」




真「wwwwwwww」

雪歩「終わったと思ったのにねww」

律子「ついツッコんじゃった系ね、あるわ、それある」

美希「内太ももをこすり付ける動作もそっくりだったの」

あずさ「可愛いのよねぇ、あの動作」

伊織「あのねぇ……」

千早「流石春香ね」

貴音「春香、おでこを出せばより【らしさ】が出るのではないでしょうか」

響「そう言うのだったら自分も出来るぞ!!」



続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/05(火) 00:00:11.29 ID:LeV7KawX0

響「ごめん、聞き間違いかな。もう一度言ってくれる?」

伊織「だからアンタが言うこと聞かなかったらそれ飲ませるって言ってんのよ!」ムニィー

響「やめて自分のほっぺはそんな伸びないかなーってうぎゃあ!」


続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/30(月) 22:24:18.11 ID:yr5islgU0


小鳥「プロデューサーさん」

P「はい?」

小鳥「プロデューサーさんは765プロにとってかけがえのない人です

P「はぁ」

小鳥「皆にも、私にも優しいし、仕事もとってきますし、本当にとっても良い人だと思うんですけど……」

P「けど?」

小鳥「……ひとつだけ……ひとつだけ!! 言わなきゃって思う事があるんです!!」

P「あー……すいません、音無さん、僕、アラサーはちょっとギリギリ三塁線抜けるんですよ」

小鳥「守備範囲を絶妙に抜ける技巧派年齢みたいな言い方やめてくれません? 違いますよ!! 告白とかそう言うんじゃなくて!!」

P「え? じゃあ何ですか?」

小鳥「プロデューサーさん、伊織ちゃんにだけ厳しすぎません!?」

P「え?」

小鳥「プロデューサーさんがメインでプロデュースしているアイドルで実績だって家で一番ですが、他の子に比べて伊織ちゃんへの当りが厳しすぎるように思うんです」

P「……………………ソレ、気付いちゃいました?」

小鳥「気づきますよ! こっちとしては可哀そうで見てられないんですよ、正直」

P「……まぁ、伊織には特別厳しく接してる事は事実です、ですが、それは」

小鳥「伊織ちゃんのためを思っての事、それは解っていますが……」

P「僕の趣味で……仕方なく」

小鳥「それにしても伊織ちゃんが可哀そうで……って、え? は? 何て?」

P「僕の、趣味で、仕方なく」

小鳥「…………ど、どう言う事です?」

P「音無さん、僕ね? ……伊織が露骨に嫌がる顔が、好きでたまらないんです」
続きを読む
アクセスランキング