あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:熊本秀田

編集
春香「それでさー…」ペラペラ

美希「まったくなの」ペチャクチャ

ガチャ

?「みんな、おはよう」

春香「あ、おはよ千早ちゃ…ぶっ!?」ブフォ

美希「? どうし…ぐふっ!?」バフォ

千早「どうしたの、二人とも?」ボイン

春香「な…なんでもないよ…」プルプル

春香(ちょwwwwwww何あれwwwwwwwww)

美希(千早さんの胸に見慣れない山ができてるのwwwwwwwww)

千早「どうしたの、春香? 私の顔に何かついてる?」

春香「え、い、いや…普通だと思うよ、うん…」ピクピク

春香(ついてるwwwwww胸になんかついてるよ千早ちゃんwwwwwww)

美希(千早さんwwwwwそこまで追い込まれてたのwwwwww)

続きを読む

編集
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/05(月) 22:34:03 ID:zIXUlBnc
ジリリリリリ…

カチッ

響「ふぁ…みんな、おはよう…」

ハム蔵「チュッ(おはよう、響!)」

響「んー…」

オウ助「ナンダカ、ゲンキナイネ」

響「うん…体が重いぞ…」

へび香「シュルル(大丈夫、響ちゃん?)」

響「ちょっとシャワー浴びてくる…」ガチャ

ねこ吉「にゃー(シャワーか…ゾッとするわぁ…)」

いぬ美「ワウ?(そう? 気持ちいいわよ?)」

響「うぎゃー!?」バタバタバタ

シマ男「チュチュッ!?(響!? どうした!?)」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/25(日) 15:53:36.46 ID:oPWM4tn+0
亜美「ふぅ…今日の収録は大変だったYO…」

伊織「そうね…まぁ、一番大変だったのは律子だろうけど」

あずさ「律子さん、大丈夫かしら…」

伊織「まぁ、大丈夫でしょ。あれくらいで簡単に折れてちゃ、私達のプロデューサーなんて勤まらないんだから」

亜美「んっふっふ~、いおりんは律っちゃんのこと信頼してますな~」

伊織「な、何よ。プロデューサーなんだからそれくらい言ってもいいでしょ」プイ

あずさ「あらあら~」

伊織「それで、私は一旦事務所に帰るけど…あんた達はどうするの?」

亜美「んー、亜美は帰ろっかなー。今日は真美はオフみたいだし」

あずさ「私はそうね…律子さんが戻ってくるまでその辺を散歩でもしようかしら~」

伊織「そ、そう。気をつけなさいよね」

続きを読む

編集
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/05(月) 09:16:35 ID:pyGz9/2o
P「ああ、ハイタ…」スッ

ズキン

P(ぐっ、肩が…!)

ポフン

やよい「わっ?」

P「あっ…」

やよい「な、なんでそんなところタッチするんですかー…?」

P「ご、ごめん、やよい。体が勝手に…」

やよい「ううぅっ…」

P(右肩が…上がらない…!)

度重なるハイタッチにより、プロデューサーの肩は既にボロボロになっていた!

続きを読む

編集
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/05/05(月) 21:02:13 ID:zIXUlBnc
春香(それは、冬のある日…)

ビュオォォォォ

春香(私達は、何故か海岸で水着撮影をさせられていました)

春香「さ…寒いね、千早ちゃん…」ガタガタ

千早「え、ええ…何故このような時期に…」ブルブル

春香「千早ちゃん…く、くっついてもいい…?」

千早「えっ、それは…」

春香「ねぇ…いいでしょ…?」スリスリ

千早「だ、駄目よ春香…こんなところで…」

春香「ちょっとだけ、ちょっとだけだから…」サワサワ

千早「んあああー!!」

カッ

春香「!?」

続きを読む

編集
やよい「うぅ…」

千早「あら、高槻さん? どうしたのかしら」

やよい「千早さん…」

やよい「じつは、もう今月分のお金がなくて…」

千早「え?」

やよい「私のお給料だけじゃ、すぐになくなっちゃいます…」

千早「高槻さんの父…お父さんも働いているのでしょう?」

千早「そこに高槻さんの稼ぎが加われば、金がなくなるということはないと思うのだけれど」

やよい「お父さん、この前昼間から公園にいました…」

千早「うわぁ…」

やよい「給料日もまだまだ先だし…うぅ~、どうすれば…」

続きを読む

編集
16: 『ジ・アイドルマスター』その② 2013/09/23(月) 00:06:34.31 ID:ahT0XPkjo


前作:春香「あれ、なんですかこの『弓と矢』?」その1
   春香「あれ、なんですかこの『弓と矢』?」その2
   伊織「スタンド使いを生み出す『弓と矢』…」その1
   伊織「スタンド使いを生み出す『弓と矢』…」その2
   真「『弓と矢』を…ブッ壊すッ!」その1
   真「『弓と矢』を…ブッ壊すッ!」その2



真「………」チラ…

真美「はぁ、はぁ」タタタタ

春香「真美達がそんなに気になる?」

春香「心配しなくても逃がさないよ、誰も。真美も雪歩も、真も…伊織達もね」

真(『硬化散弾銃』は…無理か、二人に当たる危険がある)

真(近付いて、直接殴るしかない!)

真「オラオラオラオラ」ズバババ

スゥ…

真「!」

真「春香の姿が消えた…これは『五感支配』、いや『六感支配』か!」

春香「真相手になんて『ジ・アイドルマスター』の能力を使うまでもないでしょう?」ヒュッ

真「ぐ…!」ゴシュ

ビキッ

真(背後から殴られた…『ストレイング・マインド』にヒビが入ったか)

真「オラァッ」グルン

シン…

真「う…」

続きを読む

編集
トゥー…タッタッ

『あぁぅ!』タン♪

『知っらぬが~♪ 仏ほ~っとけな~い♪』

『く~ちびるポーカーフェ~イス♪』

『Yo灯台~♪ もと暗しDo you know!?』

『ギ~リギリで♪』

『お~あずけFunky girl♪』

ダダッダッダッダン

ジャン!

・ ・ ・ ・

ワァァァァァ!!

………

……


続きを読む

編集
伊織「っと…」ヨロッ

伊織(危うく一撃喰らいそうになった…鉄パイプは奪われるし…)

伊織(このスピードなら何されても対応できると思ったけれど…甘かったわ。もうちょっと遠くから攻撃した方がよさそうね)ザリ

FS「距離ヲトッタナ。ソノ分 君ノ『すもーきー・すりる』ノぱわーハ落チル」

伊織「………」

FS「ソノ距離デ 私ニ有効打ヲ与エラレルノカ?」

伊織「………」

FS「ソレトモ、マタ サッキノヨウニ何カ飛バシテクルツモリダロウカ」

伊織「まーたブツブツと…黙ってられないの、アンタ?」

FS「無理ダナ。コレガ私ナノデネ」

伊織「あっそ…」

続きを読む
アクセスランキング