あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:萩原雪歩

編集
雪歩「明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。」

起きて居間に行くと、晴れ着姿の雪歩が三つ指ついて新年の挨拶をしてきました。

真 「あ、うん。おめでとう、雪歩。」

その姿がとても艶やかで、ボクは思わず胸が高鳴ってしまいます。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/25(水) 18:38:41.28 ID:Y+iNoKqj0
 
春香「え? じょ、冗談だよね?」

真「いや、ボクはやるよ。そうでもしないと気が済まない」

春香「き、急にどうしちゃったの? 雪歩と喧嘩でもしたの?」

真「そんなのじゃないよ、前から思ってたんだ。いつか復讐してやるって。昨日、ようやく用意出来たよ」スッ

続きを読む

編集


前作:貴音「くおど、えらと、でもんすとらんだむ」
   貴音「月光島葬送曲」


1: ◆u7jijUkfI.:2013/12/23(月) 00:26:46.48 ID:5UOyRajRo
 
様々な歌手たちが発表予定の新曲を歌う録音スタジオ。そのスタジオビルの屋上から、とある新進気鋭の若手作曲家が『転落死』した。

事件当時、被害者は携帯で『電話』をかけている最中だったため、何者かに『突き落とされて』殺害されたということは明白であった。

警察は捜査の結果、被害者以外に『屋上にいた唯一の人物』である少女を殺人の容疑者とした。

――765プロダクション所属のアイドルである、『彼女』を。



銀色の王女の慧眼は、仲間を陥れた悪意の罠を看破できるか――!?


『天使の罪咎は』


続きを読む

編集
1: ◆K8xLCj98/Y:2013/12/24(火) 23:56:44.63 ID:jff72Nth0

 お仕事が終わって事務所を出て、もう2時間は経ったでしょうか。
 私は未だに、ひとりであの人を待っています。

「……はぁ」

 真ちゃん、まだお仕事が終わらないのかなぁ。
 すっごく嬉しくて、待ち合わせ場所に1時間も早く来てしまったから……自業自得、だと思います。

 21時。冷たい風をコートでしのぎました。
 22時。首元をあたためようと、マフラーをつけました。
 23時……まだ、来ません。
続きを読む

編集
ガチャ、と屋上へと続く扉を開く。

冷たい外気と共に、視界が開けて狭まった。
窮屈な屋内から、ビルが所狭しと建ち並ぶまた狭い景色が視界に映る。

都会特有の寂しい空気が、冬の寒さをさらに助長させる。

一度、ビルの隙間風が音を立てながら右から左へと駆け抜ける。
捲り上げられるスカートを片手で押さえ、もう片方の手で目を覆う。

……スカートの形が元に戻る頃、風は既に止み、静寂とは程遠い都会の喧騒が聞こえてくる。

「……………………」

屋上を囲う手すりへと手を置く。 
体温を一切保有していない冷たさが指先から伝わる。 そして直に私の体温と一体化する。

ふと耳を澄ましてみると、二つ下の部屋から賑やかな声たちが聞こえてくる。
一つ一つの声はとっても楽しそうに笑っている。


「……あー!!! お姫ちん全部食べたらケーキ無くなっちゃうっしょー!!!」

「…………ふふっ、今の亜美ちゃんかな」

きっと、今貴音さんがケーキを独り占めしているんだろう。
今にも亜美ちゃんたちが貴音さんを追いかけるのが簡単に想像できる。


私の誕生日ケーキを取り合ってる情景が。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/24(火) 03:40:28.43 ID:XoR2lDHF0

―――― 12/17 21:00 都内テレビ局

『はい、じゃあ二人共お疲れちゃん!』

雪歩「お疲れ様でしたぁ」

真「お疲れ様でっす!」

「あ、タクシー、車止めに居ますんで。車両番号は緑の765です」

真「はい、ありがとうございます!」

雪歩「いつもすみません」

真「……はー、これで年内の収録はおしまいか」

雪歩「そうだね……なんか一年あっという間だったな……」

  ばたんっ
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/24(火) 01:26:08.19 ID:ndB+JXpf0
 
見上げた夜空。

一面に広がる、煌めく星空。

まるでファンが照らしてくれるサイリウムの輝きの様な、

綺麗で幻想的な空。


たるき亭ビル屋上。

今日は12月24日、萩原雪歩の誕生日。

765プロ事務所にて、全員がささやかながら誕生会を開き、

雪歩のお祝いをしたのだった。

誕生会が終わった後、菊地真と雪歩の二人は屋上に上がり、寒いながらも二人きり、

クリスマスイヴという日でいつもと違う雰囲気の街を観ながら同じ時を過ごしていた。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/24(火) 00:00:06.61 ID:SN0li/Nc0

P「うん、そろそろだな、と思って。何でもいいぞ、春香たちは、今週の日曜日、事務所のクリスマス会で、また個人的に用意してくれるみたいだけど」

雪歩「…そうですね………あ、じゃあ、真ちゃん」

P「うん」

雪歩「…」

P「…ん?」

雪歩「はい?」
続きを読む
アクセスランキング