あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:萩原雪歩

編集
2: ◆sIPDGEqLDE:2013/12/23(月) 23:50:07.96 ID:7nYrmhdG0

P 「お疲れ様雪歩、すまんなぁ誕生日なのに仕事なんて。」

お仕事が終わって事務所に帰って来た時に、プロデューサーが申し訳なさそうに声を掛けてきました。

雪歩「そんな!気にしないでくださいプロデューサー!」

  「こうして夕方にはあがれるようにしてくれたじゃないですか。」

P 「しかしなぁ…。」

雪歩「お仕事って言ってもラジオの収録だけでしたし、3本録りなんてなかなかできないから楽しかったです。」

  「それにお仕事があるのはいい事なんですから。」

P 「そうか。そう言ってもらえると助かるよ。」

安堵した表情で笑顔を向けてくれるプロデューサー。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 21:45:26.72 ID:nncBsC0K0
 
【12/20(金) 学校】

ガラガラッ


女「あ、お雪おはよー!」

雪歩「おはよう」

女「ねえお雪! 冬休みだよ! 冬休み!!」

雪歩「て、テンション高いね……」

女「だって冬休みだよ!? クリスマスにお正月だよ!? イルミネーションとか」


ガラガラッ


先生「ほら、お前ら席につけ」

女「げ……」
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 21:07:44.64 ID:uT39Uw+20
 
涼「どうも、秋月涼です。よろしくお願いします」

律子「私の従兄弟……いえ、従姉妹なんです」

P「ああ。最近、急ピッチでランクを上げてる注目の新人だな。こちらこそよろしく」

涼「そ、そんな……私なんてまだ。あ、それから同じ事務所の愛ちゃん、日高愛です」

愛「よろしくおねがいしまーす!」

P「あの日高舞さんの、お嬢さんだったね。色々とプレッシャーもあるかもしれないけど、がんばってね」

愛「はい! ママはママですからーっ!! あたしは、あたしでがんばりますよーっ!!!」

P「うん、その意気だ。元気があっていいなあ」

涼「それが、愛ちゃんの長所だよね」
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/23(月) 17:16:25.24 ID:PayVsvLV0

「旦那様!」

「何だ」

「お嬢様がテレビに出ております!」

「何だと?見に行く」



我が愛娘が芸能界デビューしてからと言う物、使用人達がこぞってテレビの前に集まるようになった。
仕事が片付いてれば文句も言わないし、娘が若い衆にもかわいがられていると言う事実は、実に喜ばしい。
が、同時に雪歩の身を案じる私の心は気が気ではないと言うのもまた事実だ。
そう、まるで百合の花の様な可憐で、美しく、そして可愛らしい我が娘。
心配にならない方がおかしい。
続きを読む

編集

アフターSS



クリスマスイヴ、765プロ事務所


雪歩「プロデューサー、お疲れ様でした!」

P「ああ、おつかれ」

雪歩「こんなに遅くまですいませんでした。クリスマスイヴなのに……」

P「いや、こういう時に忙しいってことは人気があるってことだからな」

雪歩「あ、事務所真っ暗ですね、小鳥さんも帰っちゃったのかな?」

P「……」
続きを読む

編集
1:Swing ◆VHvaOH2b6w:2012/12/21(金) 20:55:02.04 ID:sCOeAgjA0
 
春香「プロデューサーさん、24日なんですけど」

P「ん? なんだ?」

春香「ちゃんと夕方以降はみんなのスケジュール、空けておいてくださいね」

P「ああ、雪歩の誕生日パーティーだったな」

真「まだ内緒にしてますけど、きっと雪歩も喜びますよ」

やよい「お料理、いーっぱい作っちゃいますねー」

春香「ケーキは、私が作るからね」

響「春香、間違えてクリスマスケーキのデコレーションにしちゃダメだぞ。ちゃんと誕生日のケーキにするんだぞ」

春香「わかってるよ。いくら私でも、そこはうっかりしないから大丈夫」

伊織「そこが、一番のポイントなんだから」

P「? なんの事だ」
続きを読む

編集
1:Swing ◆VHvaOH2b6w:2013/12/04(水) 19:44:45.24 ID:N/5gWA130

~青空小学校4年1組~


霧隠虎太郎「765プロのアイドルぅ? なんだそりゃ」

風祭鷹介「虎太郎君、知らないの? 今、テレビですっごい話題になってるんだよ!」

虎太郎「アイドルってあれだろ? 姉ちゃんがテレビでいつも見てるあの、男が3人で歌ったり踊ったりしてる……」

流崎力哉「そりゃジュピターだろ。それもアイドルだけど、女の子のアイドルってのもいるんだよ!」

虎太郎「へー」

鷹介「力哉君は、アイドルに興味があるみたいだね」

力哉「ま、まあな。特に765プロのアイドルといえば、今はテレビをつけたら誰か出てるもんな」

鷹介「そうそう! 実は僕さあ、萩原雪歩さんのファンなんだ」

力哉「へえ。まあ、なんとなくわかるな。清純そうで、ちょっとあこがれの百合香ちゃんに雰囲気が似てるからだろ」チョンチョン

鷹介「そ、それは、まあ、なんていうか……そういう力哉君は、誰が推しドルなのさ?」

力哉「俺か? 俺は、まあ……水瀬伊織さん、かな……」

鷹介「ああー! ちょっと気が強そうで、その一方で正義感が強いしっかり者だもんね! 桂さんみたいに」ニヤニヤ

力哉「そ、そうだな。それで虎太郎、おまえは誰が推しドルなんだ?」
続きを読む

編集
1: ◆K8xLCj98/Y:2013/03/30(土) 01:25:53.35 ID:DOCYTEs60

 ドラマの主演が決まった。
 テレビ局の楽屋で、そうプロデューサーに言われた時には、何が起きたのかすら分からなくて。
 私は、軽くパニックになっていたと思う。

 プロデューサーと事務所に戻ると、続く小さな爆発音のようなもの。
 そして、私の目の前で季節外れの雪が舞った。

「雪歩、ドラマ主演おめでとう!」

 髪についた紙吹雪の一枚をぎゅっ、と握る。

雪歩「あ、ありがとうございますっ!」

 ようやく、実感が湧いてきた。

真「雪歩っ、すごいよ! 本当におめでとう!」

 真ちゃんが私の手を掴んで、ブンブンと縦にふる。
続きを読む

編集
1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/06/13(木) 18:48:14.69 ID:GW9JKO4c0


プルルルルルル…


真「…さ、乗ろうか?雪歩」

雪歩「…うん、真ちゃん」

真「うわー……朝早いからかな?空いてるね」

雪歩「そうだね、私達しか居ないみたい」

真「この向かい合わせの席、懐かしいなぁ」

雪歩「あ、真ちゃん…」

真「ん?」

雪歩「私、隣が良いな…」

真「…もちろん、ほら、おいで」

雪歩「ありがとう」

真「なーに言ってるの、僕と雪歩の仲じゃない」

雪歩「ふふふ、うん、そうだね」
続きを読む
アクセスランキング