あんかけ速報-アイマスSSまとめサイト

あんかけ速報(あん速)は、アイドルマスターのSSをまとめています。ここでしか読めないSS、厳選されたSSを紹介しています。また独自の企画も行っております。

タグ:高槻やよい

編集

765アイドル出演ラジオ番組表:SS一覧




ζ*'ヮ')ζ<うっ

      うっ

      うっ

      うっうー!ブーブーエスラジオと高槻やよいが午後3時をおしらせしま~す!




続きを読む

編集
1: Lumberjack 2014/11/07(金) 04:52:36.87 ID:3vhEEbxE0
アイマスとウルトラマンのクロスです


2: Lumberjack 2014/11/07(金) 04:53:34.76 ID:3vhEEbxE0
やよい「うんしょ……うんしょ……」



彼女の名前は、高槻やよい。765プロという小さな事務所に所属している、アイドルの卵だ。これから話す物語は、ある一人の正義と秩序を守る為に戦う男と、体は小さいがどんな逆境にも負けない強い心を持った一人の少女の、不思議な出会いの物語である



続きを読む

編集
この後は、天海春香のSweet Chiffon Cake♪をお届け致します。
CHIYODA FMが午前11時をお知らせ致します。

CHIYODA FM♪CHIYODA FM♪11時です♪

春香「あっという間に9月が終わっちゃいそうですねー。もうちょっとしたら12月ですよ!」

春香「そう言えば、もうハロウィンのお菓子を売ってるんですよね。」

春香「ついつい買っちゃうからこの時期はグラビアのお仕事とかやりたくないんですよね、寒かったりもするし……。」

春香「まぁそんな事言うと怒られちゃうので、天海春香、冬でも水着グラビア頑張ります!」

春香「天海春香の!Sweet Chiffon Cake♪」


-OP曲・ストレートラブ!―

続きを読む

編集






ζ*'ヮ')ζ<うっ

      うっ

      うっ

      うっうー!ブーブーエスラジオと高槻やよいが午後3時をおしらせしま~す!」






やよい「皆さんこんにちわ、高槻やよいです。3時のおやつの時間に私とおしゃべりしませんか?

    お茶を飲んでお菓子を食べながら聞いてくれたら嬉しいです~!

    それでは高槻やよいのおしゃべりアワー、始まります!」


OP<BGM:おはよう!!朝ごはん>~♪

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 02:57:32.00 ID:nXBAbovH0

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/17(火) 02:58:16.63 ID:nXBAbovH0
やよい「あずささん」

あずさ「なにかしら?」

やよい「髪型なんですけど」

あずさ「えぇ」

やよい「あずささんの髪型って」






やよい「アホ毛って言うんですよ」

あずさ「やよいちゃん」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/10(土) 22:11:13.36 ID:JgJAIhDG0
やよい「あずささん」

あずさ「なにかしら?」

やよい「テーマカラーなんですけど」

あずさ「えぇ」

やよい「あずささんのテーマカラーって」






やよい「ナス色ですよね」

あずさ「やよいちゃん」

続きを読む

編集






やよい「うっ

    うっ

    うっ

    うっうー!ブーブーエスラジオと高槻やよいが午後3時をおしらせしま~す!」




やよい「みなさんこんにちわ!高槻やよいです!」

律子「皆さんこんにちは、秋月律子です」

やよい「今日はなんと!アシスタントの律子さんの誕生日です~!」

続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 05:52:44.59 ID:PcgI2hzu0
P「やよい!聞いてくれ!」

やよい「どうしたんですかプロデューサー?」

P「映画だぞ!映画の主演が決まったんだ!」

やよい「私に、ですか?」

P「もちろんだ!」

やよい「あ、ありがとうございます!」


続きを読む

編集
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 19:59:15.99 ID:EcDKJACC0


P「ん?」

やよい「いつもの私だと思っていると、ヤケドしますよぉ!!」

P「ん」

やよい「なんとですね、プロデューサー……」

P「うん」

やよい「今日は事務所の窓拭きをサボってみましたぁ!!」


P「…………」

やよい「…………」


P「なるほど」

やよい「…………え? えっと、あ、あの、だ、ダメでしたか?」

P「いや、大丈夫、って言うか普通、やよいにやらしちゃダメだからな」


小鳥「」ビクッ!!


P「音無さん……」

小鳥「ち、違っ! あのえっと! や、やよいちゃんが率先してやってくれるから、その」

P「その?」

小鳥「…………あ、甘えちゃってました……ご、ごめんなさいぃぃいい」

やよい「あ、あの!! すみません!! 小鳥さんは悪くなくて、私が勝手にやってた事で」

P「やよいはもう立派にアイドルで事務所に貢献しているんだから、掃除はしなくて良いんだぞ?」

小鳥「なら掃除のスタッフ入れろって言う話ですよね」

P「音無さん?」

小鳥「あ、本当、反省してます、ウッス」

やよい「違うんです! 私がやりたいから、やらせてくださいって言ったんです!! ね! 小鳥さん!?」

小鳥「へ?」


やよい「っっ!! っっっっ!!!!」メクバセ! メクバセ! ウィンク! ウィンク!


P(やよい……そのアイコンタクト、バレバレなのだが)


小鳥「あ、あーー……う、うん、そ、そうなんですよ~」

やよい「ほ、ほらぁ、ね? プロデューサー、だから小鳥さんを怒らないで下さい」

P「……解った、今回の件は不問としましょう」

小鳥・やよい「……ほっ、よかったぁ」




P(天使すなぁ)




続きを読む
アクセスランキング